free web hit counter
芸能

野村沙知代さんといえば、ミッチー・サッチーバトルでマスコミに叩かれましたが、行き過ぎた記事を訴えて多くは勝利しました。

野村沙知代さんといえば、ミッチー・サッチーバトルでマスコミに叩かれましたが、行き過ぎた記事を訴えて多くは勝利しました。その端緒は、塩月弥栄子さんの著書で名誉を傷つけられたとして、1100万円の損害賠償を求めた勝訴判決です。
映画・ドラマ

東宝クレージー映画とは、植木等、谷啓などの主演、もしくはクレージーキャッツ全員が出演した30作品。1960年代東宝の看板シリーズ

東宝クレージー映画とは、植木等、谷啓などの主演、もしくはクレージーキャッツ全員が出演した30作品。1960年代東宝の看板シリーズでした。現在でも、Facebookの昭和に関連するグループでは、当時を懐かしむ投稿やコメントが書き込まれます。
映画・ドラマ

『あなたの好きな昭和仮面ライダーは?』というアンケートで、第5位に入ったのは仮面ライダー2号。変身ポーズの元祖になります。

『あなたの好きな昭和仮面ライダーは?』というアンケートで、第5位に入ったのは仮面ライダー2号。変身ポーズの元祖になります。その意味では、得票数は335票、得票率は7.5%というのはいささか物足りませんが、佐々木剛さんについて振り返りましょう。
映画・ドラマ

真理明美さんの祥月命日(8月8日)です。デビュー作は『モンローのような女』ですが、テレビの代表作はやはり『プレイガール』

真理明美さんの祥月命日(8月8日)です。デビュー作は『モンローのような女』ですが、テレビの代表作はやはり『プレイガール』でしょう。生命保険会社が、保険金詐欺の疑いのある事件を極秘に調査依頼する保険調査員役で活躍しました。
社会

『医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得』は、介護ブログを開設している40代男性の認知症介護経験心得をまとめた

『医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得』は、介護ブログを開設している40代男性の認知症介護経験心得をまとめたものです。介護者がラクになり、認知症者自身の症状も落ち着くための対策や気持ちの持ち方などを伝授しています。
映画・ドラマ

島田陽子さんの訃報が話題です。代表作として『将軍』が取り沙汰されていますが、国内のドラマや映画も多数出演しました。

島田陽子さんの訃報が話題です。代表作として『将軍』が取り沙汰されていますが、国内のドラマや映画も多数出演しました。内田裕也さんとの関係や金銭トラブルなどもありましたが、決して他人の悪口や恨みつらみを言う方ではありませんでした。
障碍者

『がんばれ朋之!18歳、植物状態からの生還265日の記録』(宮城和男、あけび書房)は遷延性意識障害患者の社会復帰までの記録

『がんばれ朋之!18歳、植物状態からの生還265日の記録』(宮城和男、あけび書房)は遷延性意識障害患者の社会復帰までの記録です。高専生が交通事故で植物症になってしまったものの、そこから回復して自動車免許を取るまでになったという話です。
芸能

明石家さんまさんの「努力しました」嫌いは有名です。「努力は必ず報われる」は「逃げ言葉」と断言したことも過去に話題に

明石家さんまさんの「努力しました」嫌いは有名です。「努力は必ず報われる」は「逃げ言葉」と断言したことも過去に話題になりました。努力否定論は明石家さんまさんの持論といっていいと思いますが、そこには彼の人生観が大きく反映しているようです。
映画・ドラマ

大映ドラマと言えば、漫画チックな設定にオーバーな台詞と過激な演出などで1970~1980年代をピークにリリースされた人気ドラマ群

大映ドラマと言えば、漫画チックな設定にオーバーな台詞と過激な演出などで1970~1980年代をピークにリリースされた人気ドラマ群です。個性的なドラマの数々は、増村保造監督による人間の実像を描いた日本の文化そのものとの指摘もあります。
社会

『妻、小学生になる。』(村田椰融、芳文社)はテレビドラマ化もされた人気漫画。原作も佳境に入り結末予想がかまびすしい

『妻、小学生になる。』(村田椰融、芳文社)はテレビドラマ化もされた人気漫画。原作も佳境に入り結末予想がかまびすしい。新島家の笑いが絶えない温かい家庭、こんなにも純粋に愛し合えるのかと感嘆する夫婦の思いなど、ピュアな人間模様が描かれています。