free web hit counter

そのまんまレモン(ライオン菓子)は国内産レモン果皮を細かく刻み、糖漬けにして乾燥させたヘルシーで美味しいお菓子です

そのまんまレモン(ライオン菓子)は国内産レモン果皮を細かく刻み、糖漬けにして乾燥させたヘルシーで美味しいお菓子です

そのまんまレモン(ライオン菓子)が好評です。国内産レモン果皮を細かく刻み、糖漬けにして乾燥させたヘルシーで美味しいお菓子です。無香料、無着色、ビタミンC、クエン酸などが摂取できる健康食品ともいえます。召し上がったことありますか。

:レモン果皮加工品

そのまんまレモン(ライオン菓子)は、商品名通り、レモンの果皮を、原型のまま細かくカットだけしたお菓子です。

糖漬けにして乾燥させています。

実を言うと、最初はレモン味の飴かと思って買いました。

先日ご紹介した、クエン酸キャンディー(サクマ製菓)がありますね。

クエン酸キャンディー(サクマ製菓)は飴の内側にはすっぱいクエン酸パウダーがたっぷり入ったソーダ味とレモン味の2種類です
クエン酸キャンディー(サクマ製菓)は、飴の内側にはすっぱいクエン酸パウダーがたっぷり入ったソーダ味とレモン味の2種類です。1袋にはクエン酸を合計3500mg配合しています。レモン味は、瀬戸内産早摘みレモン果汁を使用しています。

あれと、食べ比べてみようと思ったわけです。

ところが、よく見たら飴ではなく、レモンの果皮そのもの。

えー、こういう食べ方は初めて。

酸っぱさと苦さは大丈夫かなと思いましたが、程よい酸っぱさと、程よい糖漬けで、美味しく仕上がっているのにびっくり。

これは、やめられない、止まらないになりそうです。

ビタミンCとクエン酸が入っているので、体にいいのです。

レモンは、防カビ剤が問題になっている輸入物ではなく国内産。

日本の場合、国産レモンはほぼ温かい瀬戸内海のレモンです。

広島県と愛媛県で、ほぼ8割を占めているそうですね。

レモンの産地 栽培面積 収穫量 出荷量 輸入量 輸出量|果物統計 グラフ
レモンの出荷量や栽培面積、輸入量や輸出量などをまとめて比較できるページです。

昔、新幹線に食堂車があった頃、紅茶を飲んでいる出張帰りの男性が、目が充血してお疲れの様子だったのですが、紅茶に入っていたレモンを皮ごと食べていました。

それを見て以来、疲労回復にはレモンを丸ごとか、ということが頭に刷り込まれたのですが、残念ながら先程書いたように、輸入レモンの安全性が取り沙汰され、レモンそのものから遠ざかっていました。

したがって、今回の『そのまんまレモン』は、自分にとってはレモンとの再会の機会ともなったわけです。

一度食べるとやみつきになるおいしさ

ということで、これがそのまんまレモン(ライオン菓子)のパッケージです。

そのまんまレモン

レモン菓子なので、パッケージもレモン色です。

バックにはレモンが、下部は商品が描かれています。

商品の中央に、黒字で『そのまんまレモン』『あまずっぱ~いおいしさ!!』『ビタミンCクエン酸入り』と表示されています。

そして上部は、『国内産レモン使用』『無香料・無着色』『皮がおいしい』と記載されています。

パッケージの裏側は、こう説明されています。

あまずっぱ~い!
太陽を浴びてすくすく育った国内産レモンを使用しています。無香料・ 無着色なのでレモン
本来のおいしさをたのしめます。あまずっぱ~い味わいは一度食べるとやみつきになるおいしさです。

まさにこの説明につきます。

あまずっぱ~い!

細長めにスライスされたレモンの皮で、一切れは指で軽くつまむ程度のサイズ。

一切れは指で軽くつまむ程度のサイズ

食感は、甘酸っぱいという表現がぴったりです。

皮ですから、食感もコリコリとしています。、

ただ、素材を生かしていますから、レモン特有の苦味は感じないわけではありません。

それは好みの問題ですが、かすかな苦味も含めてレモンを味わいたい人向けです。
そのままいただくだけでなく、たとえば紅茶に入れると、砂糖とレモンの2役が果たせますね。


たとえば、スナック菓子は油と糖分があるから苦手だ、という人でも、この『そのまんまレモン』ならお勧めできます。

食べ出したら止まらなくなるかもしれません。


1袋すぐになくなってしまいます。

栄養成分と原材料


そのまんまレモン(レモン果皮加工品)の栄養成分は、 1製品 (25g)あたりエネルギー90 kcal、たんぱく質0.1g、脂質20g、炭水化物22.4g、食塩相当量0g、ビタミンC160mg、クエン酸300mgです。

そのまんまレモンの原材料は、レモン (国内産)、砂糖、はちみつ/ 酸味料、ビタミンC、トレハロースなどとなっています。

ライオン菓子について

製造元はライオン菓子です。

本社は、東京都文京区小石川です。

そのまんまレモンに限らず、グミやキャンデーが得意の会社というイメージがあります。

『ぷよぷよグミ』とか、『バレンシアオレンジキャンデー』『うめ塩飴』『ライオネスコーヒーキャンデー』など、公式サイトを見るとおなじみの商品がズラリ並びます。

まとめ

そのまんまレモンは、グミやキャンデーで実績のあるライオン菓子の商品です。

そのまんまレモンは、無香料、無着色で、国内産レモンのビタミンC、クエン酸などが摂取できる健康食品ともいえます。

気分転換やさっぱりしたい時にいいですね。

今回は触れませんでしたが、姉妹品として、『そのまんまレモンチョコレート』という商品もあるそうです。

以上、そのまんまレモン(ライオン菓子)は国内産レモン果皮を細かく刻み、糖漬けにして乾燥させたヘルシーで美味しいお菓子です、でした。

ライオン菓子 そのまんまレモン 25g ×6個
ライオン菓子 そのまんまレモン 25g ×6個

ライオン菓子 そのまんまレモン 25g×6個 - おかげさまマーケット
ライオン菓子 そのまんまレモン 25g×6個 – おかげさまマーケット

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
食べ物
トレンド雑談

コメント