free web hit counter

人を叩くだけのネット掲示板。ソーシャルメディア依存症が「ネットいじめ」と関連している可能性が高いとの研究結果が話題です

人を叩くだけのネット掲示板。ソーシャルメディア依存症が「ネットいじめ」と関連している可能性が高いとの研究結果が話題です

人を叩くだけのネット掲示板。ソーシャルメディア依存症が「ネットいじめ」と関連している可能性が高いとの研究結果が話題です。匿名であることから、ついいい気になって行き過ぎたことを書いても何の責任も取らない「ネットいじめ」は、誰のためにもなりません。

最長で1日12時間以上利用しているユーザーは要注意

もと記事は、GIGAZINEです。

『ソーシャルメディア依存症が「ネットいじめ」と関連している可能性が高いとの研究結果』というタイトルです。

タイトル通り、10代の青少年を対象とした調査により、SNSの使用がやめられない「ソーシャルメディア依存症」の状態にある若者はネットいじめに関与することが高いことが判明したとの研究結果が発表されたという記事です。

13~19歳の青少年428人を対象とした調査では、内訳が428人のうち214人(50%)が女性で、210人(49.1%)が男性、4人(0.9%)がその他。

インターネット利用実態とネットいじめの関係を分析したところ、「インターネットの利用時間が長い若者ほどネットいじめを行う危険性が高い」ことが判明。

対象者の平均的なインターネット利用時間は、1日7時間を超えており、最長で1日12時間以上利用しているケースもあったとのことです。


「匿名で報復を受けないのをいいことに、オンラインでネットいじめをする人がいます。ネットいじめの恐ろしいところは、普通のいじめとは違っていじめた結果が目に見えないので、自分のいじめがいかに人を傷つけているかを知り、改心するチャンスがないところにあります」(ジョルダーノ氏)というのです。

『突然、僕は殺人犯にされた』

ネットいじめと言うと、最近では木村花さんの事件が記憶に新しいですが、それ以外にも、芸能人も一般人の関係なく、話題の人物やニュースの主体となる人は、たとえ被害者、犠牲者であっても叩かれます。

たとえば、『突然、僕は殺人犯にされた』(スマイリーキクチ著、竹書房)には、タレントのスマイリーキクチさんが、自分のブログや2ちゃんねるなどで、10年間にわたって脅迫や誹謗中傷を受けたことを打ち明けた書籍として有名です。

スマイリーキクチさんが、足立区出身で不良であったというだけで、日本を震撼させた凶悪殺人事件の実行犯であると決めつけられた誹謗中傷、もしくは実力行使するかのような脅迫を10年にわたって、ネットの匿名書き込みによって受け続けました。

スマイリーキクチさんは、その背景として、日本を震撼させた凶悪殺人事件に異様なこだわりを持った人間がいることをあげています。

それは被害者を思うからではなく、悪を憎む自分に酔いしれたり、その残虐行為に心の何処かで憧れているような連中だそうです。

また、マスコミにすぐ騙されてしまうことの罪深さも背景にあります。

元警視庁刑事と称する者が、さもスマイリーキクチが犯人であったように自著で書いたために、それを根拠とした連中がいたというのです。

その書籍には、スマイリーキクチという名前が書かれていたわけではなく、そうイメージさせる記述があっただけです。

不特定多数の誹謗中傷が怒涛のごとく押し寄せたのは、誰かが書けば、「赤信号、みんなで渡れば……」で他の連中も安心して追従する、日本人的体質もあると思います。

それが10年間にもわたる言葉のリンチになったわけです。

その結果、ネット被害に理解のある東京・中野署刑事らの尽力によって、とくに悪質な19件の加害者が、一斉に摘発された日本で初めての事件です。

しかし、そこに行き着くまでは大変な苦労があったようです。

21世紀になって間もなくだったからかもしれませんが、警察関係者がネットに無知であったために、「嫌なら見なければいい」「ネットをやめればいい」と、もっぱら名誉感情のことしか問題せず、対外的名誉や脅迫に結びつくということが理解できなかったお粗末さが書かれています。

また、やっと割り出した被疑者の大学職員が、出頭を求められたにもかかわらず、懲りずに居直りの中傷を続けたことが一斉摘発につながったことも書かれています。

大衆は、考えも覚悟もなしに警察をなめたら、とんでもないことになるということです。

日本には、「言論の自由」から、言論事件はまるで他の犯罪とは別のものように見る向きがあります。

民事では数え切れないほどの事件があるのに、刑事で逮捕されたことはわずかしかありません。

しかし、もう、それは時代遅れの考え方ではないでしょうか。

今や、匿名で限度を知らない群集心理による言葉の暴力が横行する時代です。

打ったり蹴ったりしなくても、言葉で十分にその人を傷つけています。

親の子に対する虐待は、暴力だけでなく、大声を出して叱りつけたり威嚇したりすることも許されません。

さすれば、匿名の言葉の暴力を積極的に取り締まっても良いのではないでしょうか。

以上、人を叩くだけのネット掲示板。ソーシャルメディア依存症が「ネットいじめ」と関連している可能性が高いとの研究結果が話題です、でした。

突然、僕は殺人犯にされた - スマイリーキクチ
突然、僕は殺人犯にされた – スマイリーキクチ

【中古】 ネットいじめ・言葉の暴力克服の取り組み 心と心が通い合う子どものコミュニケーションづくり / 有元 秀文 / 教育開発研究所 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】 - もったいない本舗 楽天市場店
【中古】 ネットいじめ・言葉の暴力克服の取り組み 心と心が通い合う子どものコミュニケーションづくり / 有元 秀文 / 教育開発研究所 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】 – もったいない本舗 楽天市場店

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
社会
トレンド雑談

コメント