free web hit counter

寺内タケシさんの訃報が話題です。1962年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成。通称「エレキの神様」といわれてきました

寺内タケシさんの訃報が話題です。1962年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成。通称「エレキの神様」といわれてきました

寺内タケシさんの訃報が話題です。1952年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成。通称「エレキの神様」といわれてきました。当初エレキギターは、非行の温床という声とたたかう時期もありました。1500校を超える高校を回りハイスクールコンサートを開催。

海外でも何度も公演を行われています。今回は、出演作の『エレキの若大将』と『クレージーだよ奇想天外』を思い出します。

親に逆らってエレキギターをきわめる

寺内タケシさんは5歳でギターを初め、9歳で電話のコイルを並べたピックアップでエレキギターを製作したといいます。

明治大学に入学するも、父親が家業を継がせるために関東学院大学の工学部に転校。

バンドを結成したところ、父親から「一度でも一科目で一番を取れば、好きなだけギターをやってもよい」と懇願されて勉強し、期末テストで一位を取ったところ、父親から「お前はやれば出来るんだから、このまま成績を保て」と言われたが、寺内は「やれば出来るんだから、やらない」と勉強をやめた。
高校時代は入学直後にマンドリン・クラブを創設し、その技術も群を抜き、1年から出場したNHK全国楽器コンテストで3連覇を成し遂げた。明治大学マンドリン部創設者の古賀政男から誘われ明治大学へ進学したが、家業を継がせたい父親によって1週間で退学させられ、関東学院大学工学部電気科へ入学し直した。(Wikiより)

しかし、寺内タケシさんはエレキギターを諦めず、在学中にプロ活動を開始しました。

寺内タケシは親に逆らう子供だったということです。

これはすばらしいことですね。

親の言いなりになる子どもは親は超えられませんし、そもそも親が正しいとは限らないのです。

いずれにしても、子どもにとって自分の進路の妨げとなる親との相克があらわれています。

そういう人がエレキを演奏するというのは象徴的ですね。

エレキギターそれ自体が不良なのではなく、勉強していい学校に入っていい会社に入る、もしくは家業を継ぐことが「いい子供」であり、その路線に従わない子供は「不良」とする親の価値観押し付けの象徴としてエレキギターがあったのかもしれません。

1962年に寺内武とブルージーンズを結成。

エレキブームの仕掛け人となりました。


寺内タケシといえば、エレキギター。エレキギターと言えば不良、という図式があったといわれますが、私が知った頃の寺内タケシはもう妻子がいて、ニベアクリームのCMに家族揃って出ていたときなので、あまりそのようなイメージはありません。

昭和40年代は、ホームドラマブームだったこともあって、家族総出のCMが流行しましたが、寺内タケシ一家がいちばん感じ良かったですね。

寺内タケシ(ニベアクリーム)のほか、五十嵐喜芳・五十嵐麻利江(コカ・コーラ/ハイシー)、江原真二郎・中原ひとみ・土家歩・土家里織(ライオン/ホワイト&ホワイト)、尾上菊五郎・寺島純子(カネボウ/シルクレディ)などがありました。

ということで、親に逆らってノリノリのエレキギター演奏の時代を振り返るには、映画出演です。

『エレキの若大将』

『エレキの若大将』(1965年、東宝)は、解説の必要のない若大将シリーズ。

若大将シリーズと言えば東宝が1961年~1971年まで製作した高度経済成長期の大学生の恋とスポーツを描く加山雄三主演作
若大将シリーズと言えば、東宝が1961年~1971年まで製作した当時の東宝の屋台骨を支える人気シリーズ。主演は加山雄三。高度経済成長期の大学生の恋とスポーツを描き、マドンナは前半が星由里子演じるスミちゃん、後半が酒井和歌子演じるせっちゃんでした。

若大将のグループが、エレキギターの演奏大会に出ることになり、人数が足りないからと言って、蕎麦屋で出前持ちをしていた寺内タケシを仲間に入れるというストーリーです。


田中邦衛、寺内タケシ、加山雄三、黒沢年雄、ドラムは二瓶正也です。


すばらしいグループですね。


なんかちょっと泣けてきます。

『クレージーだよ奇想天外』

『クレージーだよ奇想天外』(1967年、東宝)も東宝映画です。


寺内タケシとブルージーンズには、以前、内田裕也がヴォーカルで参加していた時期があり、『クレージーだよ奇想天外』(1967年)には、ご両人が出演しています。

『クレージーだよ奇想天外』は、内田裕也さんが『俺のハートは3333万3330℃』を歌った後、谷啓さんの歌う『イヤダイヤダと云ったのに』を演奏していました。

内田裕也が歌っているのは『俺のハートは3333万3330℃』

内田裕也が歌っているのは『俺のハートは3333万3330℃』

谷啓の歌う『イヤダイヤダと云ったのに』を演奏

いずれも、古き良き昭和を思い出せるだけでなく、作品としても素晴らしいと思います。

寺内タケシさんの、生前のご遺徳をお偲び申し上げます。

以上、寺内タケシさんの訃報が話題です。1952年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成。通称「エレキの神様」といわれてきました、でした。

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
映画・ドラマ
トレンド雑談

コメント