free web hit counter

東宝クレージー映画とは、植木等、谷啓などの主演、もしくはクレージーキャッツ全員が出演した30作品。1960年代東宝の看板シリーズ

この記事は約7分で読めます。

東宝クレージー映画とは、植木等、谷啓などの主演、もしくはクレージーキャッツ全員が出演した30作品。1960年代東宝の看板シリーズ

東宝クレージー映画とは、植木等、谷啓などの主演、もしくはクレージーキャッツ全員が出演した30作品。1960年代東宝の看板シリーズでした。現在でも、Facebookの昭和に関連するグループでは、当時を懐かしむ投稿やコメントが書き込まれます。(本文敬称略)

東宝クレージー映画は、かつての東宝映画の屋台骨を支えた人気シリーズでした。

徐々に映画が斜陽化した1960年代、東宝は、社長シリーズ(33作)、喜劇駅前シリーズ(24作)、若大将シリーズ(17作)とともに、植木等や谷啓主演、もしくはクレージーキャッツが全員出演する作品群を合計30作制作しました。

それらを東宝クレージー映画といいます。

今日はそれらについて振り返ってみましょうね。

2013年~2014年にかけて、講談社では、『東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン』という分冊百科を月に2度、合計50冊発売しています。

映画本編と、小松政夫さんの解説等が収録されたDVDがつき、読み物はその作品関連のエピソードなどが10ページ程度書かれたものでした。

映画DVDを書籍コードで販売するというのは、最近各社で始めた手法です。

『東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン』というタイトルの通り、社長シリーズ、喜劇駅前シリーズなどのほか、藤田まことと白木みのるの『てなもんや』シリーズや、コント55号の主演映画なども収録されたが、過半数の26作は、いわゆるクレージー映画でした。

東宝クレージー映画は合計30作。

https://fromsite.info/%E6%9D%B1%E5%AE%9D%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E6%98%A0%E7%94%BB

そのうち、渡辺プロが制作して東宝からDVD化されていない4作を除いたものすべてが収録されました。

その意味では、『東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン』とはいうが、実際には、クレージー映画が主役と言っていいでしょう。

つまり、最近でもまだ、クレージーキャッツの映画は商品として成立したということです。

東宝クレージー映画とは何だ

さて、東宝クレージー映画は、まず植木等主演の『ニッポン無責任時代』(1962年)に始まります。

ニッポン無責任時代

ただ、その時点では、植木等が未知数だったために、それ以前の東宝の人気シリーズだった『お姐ちゃんシリーズ』の主演である、重山規子、団令子、中島そのみも同作に出演させました。

とくに、重山規子は植木等の相手役、つまりヒロインとしてキャスティングされました。

結果、映画は大ヒット。

続いて『ニッポン無責任野郎』(1962年)も制作されました。

ただ、社長シリーズのような、健全なサラリーマン映画を作ってきた東宝としては、「無責任男」というモチーフには異論もあったそうで、第3作目からは「無責任男シリーズ」にかわって、「日本一シリーズ」となりました。

タイトルが、『日本一の○○』となったのです。

植木等の基本的なキャラクターはそのままにして、その表現方法だけを少し修正。

社会のモラルなぞ糞食らえではなく、高度経済成長を象徴するような植木等的モーレツ社員として、立身出世を果たすストーリーとしました。

東宝らしい路線変更です。

そして、植木等シリーズが軌道に乗ると、今度は、クレージーキャッツの名をタイトルに冠した、すなわちクレージーキャッツ全員が必ず出演する『クレージー作戦シリーズ』も開始されました。

クレージー作戦 先手必勝

『クレージー作戦シリーズ』とは、たとえば、『クレージー作戦 先手必勝』(1963年、東宝)『クレージー作戦 くたばれ!無責任』(1963年、東宝)『香港クレージー作戦』(1963年、東宝)など、当初はクレージーキャッツ全員がひとつの会社で活動する、グループ全体が主役でした。

『クレージー作戦 くたばれ!無責任』(1963年、東宝)

『クレージー作戦 くたばれ!無責任』(1963年、東宝)より

が、次第に、その中の一部のメンバーが群像劇的な主役になる作り方となりました。

その一部とは、植木等、ハナ肇、谷啓でした。

中には、『クレージーだよ奇想天外』(1966年、東宝)のように、谷啓が単独で主役をつとめるものもありましたが、当時、松竹映画で山田洋次と主演作を何本も撮っていたハナ肇が単独で主役になることはありませんでした。

一方、ハナ肇が主役の松竹映画に植木等が出演することもありましたが、出演者のクレジットには表記されなかった。

映画会社との契約があったかどうかはわかりませんが、何本も撮っているので、『松竹のハナ肇』『東宝の植木等』という棲み分けを会社間でしっかり行っていたことが伺えます。

東宝クレージー映画の栄枯盛衰

冒頭に書いたように、東宝クレージー映画は、1960年代の東宝の屋台骨を支えるシリーズでしたが、そのハイライトは、『クレージー黄金作戦』(1967年)あたりではないかと思います。

『クレージー黄金作戦』ラスベガスのシーンで興奮最高潮!
『クレージー黄金作戦』。東宝35周年記念映画として制作され、のべ293万人を全国で動員したという。『東宝昭和の爆笑喜劇DVDマガジンVol.5』(講談社)に収録されている。東宝クレージー映画がそろそろマンネリかと言われた頃、まだひっくり返す

何しろ、たんに海外ロケ(ハワイとアメリカ本土)を敢行しただけでなく、ラスベガスの大通りを5分間ストップさせ、クレージーキャッツの7人が踊るシーンを撮影したのですから。

しかし、ハイライトがあるということは、必ず斜陽の時があるということです。

当時のメキシコオリンピックに合わせて、アメリカに加えてメキシコロケも敢行した『クレージーメキシコ大作戦』(1968年)は、マニアの間では、クレージー映画凋落のきっかけとなった作品とされています。

『クレージーメキシコ大作戦』日米墨を股にかけた大巨編
『クレージーメキシコ大作戦』は、時代劇を除いたハナ肇とクレージーキャッツ主演のシリーズとしては11本目の作品である。1968年4月27日に公開された上映時間162分の一本立て。メキシコ・オリンピック開催の前年に、一足先に日本、アメリカ、メキ

同じ海外ロケ敢行作の『クレージー黄金作戦』(1967年)に比べて、興行収入、収益とも40%近くダウンしたからです。

この当時、年間3作、多い時は4作も作られたクレージー映画。

ストーリーはかなり非現実的な展開もあり、このへんになるとさすがに疲れてきたかな、という気がします。

「無責任男」ないしは「日本一男」は、自由奔放で無根拠に楽天的でC調はあっても、決して“ならず者”であってはなりません。

それが、『クレージーメキシコ大作戦』では、彼女(浜美枝)をアメリカに売り飛ばしたり、アメリカでは縁あって行動をともにしていた銀行員(谷啓)の金を持ち逃げしたり、メキシコでも大道芸でおひねりを集金しているがんぜない子供から金をくすねたりなど、ちょっとやり方が露骨にアコギでした。

その後は徐々に興行収入が下落し、30作中、最後の4作は、渡辺プロの制作となっています。

これはおそらく、渡辺プロがお金を出して、区切りの30作までは、という感じで作ったのではないでしょうか。

『日本一のショック男』(1971年=72年正月映画、渡辺プロダクション/東宝)をもって、東宝クレージー映画は終了しました。

すでに終盤は、植木等の単独主演ではなく、ザ・ドリフターズの加藤茶との2枚看板でした。

すでに、ザ・ドリフターズがそれだけ売れてきたことと、植木等から加藤茶へのバトンタッチという意味も含まれていたのでしょう。

東宝クレージー映画を総括する

高度経済成長時代の10年間が過ぎて我が国の文化も価値観もかわり、「無責任男」や「日本一男」に説得力が失われつつあったことや、植木等自身も歳をとり、20代の設定だった当初のキャラのまま、40過ぎても同じ役を続けることが困難になっていたことが、シリーズの終焉につながったのだろうと思われます。

また、凋落の始まりと言われた『クレージーメキシコ大作戦』あたりから、子どもから金を盗んだり、詐欺師の役だったりと、当初の設定「無責任」とは似て非なる「無頼漢」になってしまったこともあるでしょうし、映画が衰退し、テレビでより下世話な方向に活路を見出したザ・ドリフターズが台頭したことも大きいと思います。

何より、植木等を含めたクレージーキャッツは、手段を選ばずスターの座にしがみつく、ガメつさがなかったので、引き際もあっさりしていたのでしょう。

しかし、そうした、大人のグループに対する再評価はこんにちなお活発に行われており、冒頭に書いたように、今もFacebookの昭和グループでは、クレージーキャッツは定番ネタです。

以上、東宝クレージー映画とは、植木等、谷啓などの主演、もしくはクレージーキャッツ全員が出演した30作品。1960年代東宝の看板シリーズ、でした。

東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン 2013年 6/18号 [分冊百科]
東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン 2013年 6/18号 [分冊百科]

【中古】ホビー雑誌 DVD付)東宝昭和の爆笑喜劇DVDマガジン 20 - ネットショップ駿河屋 楽天市場店
【中古】ホビー雑誌 DVD付)東宝昭和の爆笑喜劇DVDマガジン 20 – ネットショップ駿河屋 楽天市場店

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
映画・ドラマ
トレンド雑談

コメント