free web hit counter

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油(エースコック)は『大阪ラーメンプロジェクト』として作られた昔ながらのカップ麺

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油(エースコック)は『大阪ラーメンプロジェクト』として作られた昔ながらのカップ麺

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油(エースコック)は産経新聞とエースコックの『大阪ラーメンプロジェクト』として作られたカップ麺です。滑らかでのど越しの良い弾力とコシのある麺と、あまからの味わいスープとうたわれた同商品を味わってみました。

新聞社と自治体が商品名に入った真相

『大阪ラーメンプロジェクト』とはなんだ

新聞社名の入った商品名自体異色ですが、産経新聞大阪ラーメンあまから醤油は、『大阪ラーメンプロジェクト』によって開発された商品だそうです。

『大阪ラーメンプロジェクト』とは、大阪ラーメンの定義付けといったところです。

「なぜ、大阪にはご当地ラーメンがないのか?」という疑問から、産経新聞で「それゆけ!大阪ラーメン部」という連載企画が立ち上がったそうです。

そこで取材を重ね、大阪ラーメンとは何かを定義づけ、新たなご当地ラーメンである大阪ラーメンを全国に拡大していこうという狙いから、その定義に基づき、中華料理チェーンの大阪王将協力のもと、手軽でリーズナブルに食べることのできるカップめん、産経新聞大阪ラーメンあまから醤油を開発したそうです。

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油

大阪ラーメンの定義

では、大阪ラーメンとはいったいどのようなものでしょうか。

1.ポークベースに、香味野菜と大阪産(もん)である泉州たまねぎの旨みと甘みを加えた、味わい深いあまから醤油スープ
2.滑らかでのど越しの良い、弾力とコシのある麺
3.泉州たまねぎ粉末入りの揚げ玉、鶏肉そぼろ、ねぎ、とろろ昆布などのかやく

などとなっています。

ラーメンに揚げ玉や鶏肉そぼろなどが入るんですね。

これは体裁についてで、では具体的に味はどうなっているのでしょうか。

この定義を、ラーメン作りの大阪王将によって商品化したのです。

しかも、パッケージには、カップラーメンの名称に新聞社の名前や、自治体のキャラクターが入っているという異色の商品は、大阪色を思いきり出したご当地ラーメンとしての意欲満々であることがわかります。

最初の発売は2012年12月。

毎年改良を重ね、累計販売数は約650万食に上り、今回はリニューアル第6弾にあたるそうです。

論より証拠で、作ってみましょう。

作っていただいてみました

麺と袋が2つの中身

さっそく中を開けてみると、麺の他には、かやくと粉末スープが入っています。

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油

どちらも先入れです。

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油

お湯を入れて待機

お湯を入れて3分待ちます。

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油

最近の生ラーメンタイプは、4分、5分という場合もあるのですが、産経新聞大阪ラーメンあまから醤油は、古典的な油で揚げた麺で、3分で大丈夫なようです。

できあがり

見かけも標準的なカップ麺ですが、産経新聞大阪ラーメンあまから醤油はラーメンに、玉ねぎ粉末入りの揚げ玉、味付鶏肉そぼろ、ねぎ、とろろこんぶが入っています。

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油

東京ラーメンとの違いがあらわれています。

スープの味も、化学調味料や香辛料の適度なスパイス感をはっきり出して、昭和を思い出す即席麺の味です。

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油

大阪王将商品部の試食・選定した“とろみ”を付けたスープが、あまからの味わいを際立たせた仕上がりで独特の味わいです。

栄養成分と原材料

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油の標準栄養成分です。エネルギー292kcal、たん白質6.7g、脂質9.5g、炭水化物44.8g、ナトリウム(めん・かやく/スープ) 2.3g、(0.6g/1.7g)、ビタミンB1 0.22mg、ビタミンB2 0.24mg、カルシウム147mgです。

栄養成分と原材料

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油の原材料です。油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖)、スープ(食塩、砂糖、しょうゆ、香辛料、鶏・豚エキス、オニオンパウダー、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(揚げ玉、味付鶏肉そぼろ、ねぎ、とろろ昆布)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、重曹、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK、ステビア、カンゾウ)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、ごまを含む)などとなっています。

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油のまとめ

産経新聞大阪ラーメンあまから醤油は、懐かしのカップ麺といったところです。

最近のカップ麺は、お店のラーメンをモデルとして、生ラーメンのような生麺と、凝縮液体スープを採用しています。

しかし、この産経新聞大阪ラーメンあまから醤油は、インスタントとしてのカップ麺の原則を守っています。

まず、価格が安い。

激安オーケーストアで100円(本体価格)でした。

他の商品と比べても安いと思います。

そして、食べてみると、化学調味料の味を隠さない古典的な即席麺の味!

麺もカップ麺特有の麺です。

「カップ麺はカップ麺なんやから」ということでしょう。

いかがですか。産経新聞大阪ラーメンあまから醤油

以上、産経新聞大阪ラーメンあまから醤油(エースコック)は『大阪ラーメンプロジェクト』として作られた昔ながらのカップ麺、でした。

エースコック 産経新聞 大阪ラーメン あまから醤油 70g×12個
エースコック 産経新聞 大阪ラーメン あまから醤油 70g×12個

コメント

タイトルとURLをコピーしました