free web hit counter

芸能

映画・ドラマ

早乙女愛は『愛と誠』の公募の中から選出され「早乙女愛」を芸名にしましたが本作予告編のコピーは「青春のゲバルト」

早乙女愛(さおとめあい、1958年12月29日~2010年7月20日)は、1974年の『愛と誠』の話。松竹が「早乙女愛」役を公募し、4万人の中から選出された女性の芸名をそのまま「早乙女愛」にしたことによります。予告編のコピーは「青春のゲバルト」。
芸能

萩本欽一はタレントとして「いい人」キャラであることにジレンマを感じ運は遠回りしてつかめという考えを持っている

萩本欽一は、自分がタレントとして「いい人」キャラであることにジレンマは感じていたようですね。そして「運」をすごく考える人で、いいことが続きすぎるのはおかしいとか、運は遠回りしてつかめという考え方で仕事も簡単に降りちゃうところがありました。
映画・ドラマ

『男はつらいよ』はフジテレビがテレビドラマで半年間放送しており寅次郎にも恋人がおりさくらにも結婚前に別の恋人が

『男はつらいよ』は松竹映画では49作公開されていますが、もともとフジテレビがテレビドラマで半年間放送していました。映画の少なくとも最初の2作は、そのテレビの設定を「原作」としているように思うので、テレビドラマを振り返ってみます。
芸能

森昌子は『花の中三トリオ』で一番人気だったという説は当時の芸能雑誌に発表された人気投票で明らかで扇の要だった

森昌子は『花の中三トリオ』の中でも一番人気だった、というと意外かもしれませんね。やはり見た目アイドルの桜田淳子や、青い性典路線で売り出した山口百恵という予想が大方でしょう。しかし、これは本当の話でそういうアンケート結果があったのです。
芸能

芸能人のご意見番フィフィ、カンニング竹山、小籔千豊、和田アキ子など出てくるがそんなに凄いこと言ってるか?

芸能人のご意見番ですか。なんかあると必ず出てくるのが、フィフィ、カンニング竹山、小籔千豊、和田アキ子、松本人志、あと誰でしょう。美川憲一はマツコが出てから出番がなくなりましたね。でもどうして芸能人が、オピニオンリーダーなんでしょうね。
芸能

タモリが『news zero』で有働由美子アナと対談をし「頑張らないことが大事」と述べたことが話題になっているが真意は?

タモリが『news zero』という番組の10月2日放送分に出演し、有働由美子アナと対談をしたことが話題になっています。その中では、「努力」について語られていますが、タモリや明石家さんまは、「努力」という言葉を決して使いません。
芸能

『スター誕生!』の放送開始から47年たちましたが森昌子、桜田淳子、山口百恵の『花の中三トリオ』が象徴的存在です

『スター誕生!』(1971年10月3日~1983年9月25日、日本テレビ)の放送開始からちょうど47周年ということで、いろいろ話題なってますね。56組がデビューしましたが、やはり象徴的なのは『花の中三トリオ』だったのではないでしょうか。
芸能

kokiがブルガリとシャネルのアンバサダー就任しましたが酒井和歌子は今も人気で綺麗でもどこか愛嬌のあるところがいい

kokiという木村拓哉・工藤静香夫妻の娘が話題です。モデルとしてデビューしたばかりなのに、ブルガリ、そしてシャネルのアンバサダーに就任したそうです。酒井和歌子は今も人気ですが、きれいだけどどこか愛嬌のあるところがいいのです。
芸能

山城新伍は生前俳優であり、司会者、または歌手、映画監督、映画評論家、そしてバラエティ番組のタレントとして活躍した

山城新伍(やましろ しんご、1938年11月10日~2009年8月12日)の命日は8月12日である。山城新伍は生前俳優であり、司会者、または歌手、映画監督、映画評論家、そしてバラエティ番組のタレントとしてテレビ、映画などで活躍した。
芸能

山口百恵と三浦友和。当時は東宝映画や大映テレビのモモトモ(百友)コンビと呼ばれた2人が世紀の結婚したのは1980年11月19日

山口百恵と三浦友和。当時は東宝映画や大映テレビのモモトモ(百友)コンビと呼ばれた2人が世紀の結婚したのは1980年11月19日。以来、百恵さんは引退して決して「復帰」はせず、三浦友和さんは役者としての実績を積み重ねて紫綬褒章も受賞しました。