free web hit counter

野口軒(大田区大森東)は東京ラーメンをベースに焼きラーメンが提供されコーン味噌ラーメンや五目そばも昭和の味わい

野口軒(大田区大森東)は東京ラーメンをベースに焼きラーメンが提供されコーン味噌ラーメンや五目そばも昭和の味わい

野口軒(大田区大森東)焼きラーメンってご存知ですか。福岡県福岡市天神の屋台ラーメン小金ちゃんが発祥と言われていますが、野口軒では東京ラーメンの焼きラーメンが提供されます。コーン味噌ラーメンや五目そばも昭和の味わいがある店です。

焼きラーメンとはなんだ

焼きラーメンとは、麺をスープごと炒めたもので、福岡県福岡市天神の屋台ラーメン『小金ちゃん』が発祥と言われています。

福岡だけあって、『小金ちゃん』の焼きラーメンは、豚骨スープとソースを使うのです。

見かけは、スープ焼きそばという感じで、焼きそばにスープがかかっているようです。

小金ちゃんでは、平べったい皿に盛っています。

https://www.google.com/search?q=%E5%B0%8F%E9%87%91%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%80%8F%E3%81%AE%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjeypbJ0ZbhAhWqKqYKHYYDBEcQ_AUIDygC&biw=1536&bih=701#imgrc=_ より

https://www.google.com/search?q=%E5%B0%8F%E9%87%91%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%80%8F%E3%81%AE%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjeypbJ0ZbhAhWqKqYKHYYDBEcQ_AUIDygC&biw=1536&bih=701#imgrc=_ より

東京では、ちょっと見かけないメニューです。

「焼きラーメン」で検索すると、いくつかお店が出てくるのですが、みんな、「スープ焼きそば」ではなく、「炒めたラーメン」ばかりです。

その中で、東京ラーメンのスープ焼きそばを提供する店が野口軒です。

東京大田区大森東にあります。

野口軒の全容

昭和の佇まいで大田区の工場地帯を支える

野口軒は、昭和の佇まいの中華料理店です。

野口軒

焼きラーメンを目的に来る客も含め、なかなか盛況のようです。

しかし、東京23区とは思えないほど交通の便は悪いです。

京急バスが1時間に2本しか来ません。

住居表示は大森東ですが、近くは森ヶ崎と言って、京浜工業地帯の中核とも言える工場地帯です。

大型工場は川崎に、町工場は大田区に集中していましたが、まさにその中心が森ヶ崎です。

表は昭和の佇まいですが、店内はテーブルや壁が明るい色で、衛生的な印象を持ちました。

野口軒

まあ正直、昭和の佇まいの飲食店というと、“こ汚い”んじゃないかという先入観があったわけですが、いい意味でそれは外れたわけです。

ただ、テーブルには灰皿が。

野口軒

分煙・禁煙は無関係なようです。

総席数は16席。

そして、「野口軒特製」という東京焼きラーメンのポスター発見。

野口軒

東京都中華料理組合公認と記載されています。

焼きラーメン

ということで、野口軒の焼きラーメンです。

野口軒の焼きラーメン

見かけは、ラーメンの丼に普通にスープも入っています。

野菜のたくさん入った薄味の焼きそばに、醤油ラーメンのスープを加えたもの、といっていいでしょうか。

野口軒の焼きラーメン

醤油タンメンという表現でもいいかもしれません。

野口軒の焼きラーメン

でも、これはなかなかイケます。

炒めた香ばしさは感じます。

確かに焼きラーメンです。

タンメン仕立てですから、本場のように豚骨を使わずとも醤油味でも十分です。

とんこつが苦手な方でも、野口軒の焼きラーメンなら大丈夫です。

コーン味噌ラーメン

野口軒のコーン味噌ラーメンです。

野口軒のコーン味噌ラーメン

これとは別に、普通の味噌ラーメンもあります。

コーンと名がついても、ずいぶんコーンが多いと思いませんか。

実は、注文したら普通の味噌ラーメンが着丼しました。

そこで、コーン味噌ラーメンを注文したと確認を求めたら、コーンを多めに入れてくれました。

まあ、量が増えるのはいいことです。

味噌は白味噌仕立てです。

野口軒のコーン味噌ラーメン

焼きネギが香ばしいです。

五目そば

野口軒の五目そばです。

野口軒の五目そば

五目ラーメンというと、塩ラーメンに具材を入れたものの場合と、醤油味にあんかけになっている場合とがありますが、野口軒は塩ラーメンでした。

野口軒の五目そば

具材が五品目かどうか、という確認はあまり意味がありません(笑)

五目そばの「五」は、それ自体に意味はなく、要するに八百万の神と同じで、「複数」という意味です。

複数の具材が入っているのです。

野口軒の五目そばは、厚めのバラ肉が何切れも入って食べごたえがあります。

チャーシューも大きいのです。

野口軒はそれ以外にも、タンタンメン、ワンタン、カタイヤキソバ、サンマーメン、上海ヤキソバ、炒飯、中華丼、天津丼、カツ丼、ニラレバライス、天津メンなど、まさに中華料理メニューオールスターになっており、多様なニーズに応えてくれる店です。

飲食店にある、ランチタイム後、夕方までの休憩はなく、フルに稼働しています。

野口軒と焼きラーメンのまとめ

野口軒は大田区大森東にある昭和の佇まいの中華料理店です。

焼きラーメンは、福岡県福岡市天神の屋台ラーメン小金ちゃんが発祥である、炒め豚骨ラーメンですが、野口軒は東京の店らしく、炒め東京ラーメンの焼きラーメンを提供しています。

他のメニューも多彩です。

コーン味噌ラーメンは白味噌仕立てで焼きネギの香りが食欲をそそります。

五目そばは塩味で、大きなチャーシューがひときわ目を引きます。

以上、野口軒(大田区大森東)は東京ラーメンをベースに焼きラーメンが提供されコーン味噌ラーメンや五目そばも昭和の味わい、でした。

和歌山焼きラーメン 4食スープ付
和歌山焼きラーメン 4食スープ付

コメント

タイトルとURLをコピーしました