free web hit counter

岡田准一主演でドラマ『白い巨塔』を2019年5夜連続放送するとテレビ朝日が発表するも体格などイメージの違いが話題に

岡田准一主演でドラマ『白い巨塔』を2019年5夜連続放送するとテレビ朝日が発表するも体格などイメージの違いが話題に

岡田准一主演で、ドラマ『白い巨塔』を2019年5夜連続放送するとテレビ朝日が発表して話題になっています。岡田准一は、「やるからには財前五郎を味わい尽くす」と意気込んでいますが、懐疑的な点もいくつかありネットでは喧々諤々です。

まず、60年前の医学の話を、現代でリメイクということについて疑問符が付けられています。

原作は、胃の噴門部CTを事前に撮らなかったから、食道への転移を見逃したというストーリーでした。

しかしこれは、今の医療ではありえない話と医療従事者でなくてもわかります。

もとより、胃がんはピロリ菌が原因で、早期なら治るがんとして認識も定着してきたので、根本的にストーリーを作り直さなければならず、そうなると最後は財前五郎が胃がんで死ぬ『白い巨塔』の意味がなくなってしまいます。

今回のドラマ化に当たっては、目覚ましい進歩、変化を遂げる現代の医療・医学界を舞台に、人間ドラマを描いていくそうですが、そこまでして『白い巨塔』を原作とする必要があるのか。

だったら、最初から現代の医学をリアルに反映したオリジナルストーリーを作ったほうがいいのではないでしょうか。

岡田准一の体格で威圧感を表現できるのか

2つ目の問題は、岡田准一の資質です。

公称169センチは、『SP』のときも、威圧感がないと問題になりました。

唐沢版『白い巨塔』では、財前五郎が唐沢で、唐沢より背の高い江口洋介が里見脩二役でした。

これは、ストーリーに合っていませんでした。

財前五郎には威圧感があり、里見脩二は真面目でひ弱なのです。

唐沢財前が、江口里見を見上げて話をしているシーンを見て、嫌になってしまいました。

岡田准一は、決して体で威圧感を表現できる俳優ではないようにおもいます。

威圧感のない財前を模索しているのかもしれませんが……。

岡田准一の『白い巨塔』財前五郎起用には、ネットでもこんな意見があります。

>ちんちくりんやめろ(´・ω・`)

>リアル医師は低身長でもいい。
>だが、ドラマや映画では「存在感」を示さないといけないから
>大柄のほうがいいなぁ。

>写真見たけどスタイルいまいちだな・・

>(原作者は財前の体格にこだわっていたので)原作者死んだから許されたキャスティングだな

>ビブリアの剛力や黒木もそうだが
>なぜ真逆のイメージの奴を使うんだ?
>岡田別に嫌いじゃないが、これは違うだろ

物議を醸していることは間違いありません。

以上、岡田准一主演でドラマ『白い巨塔』を2019年5夜連続放送するとテレビ朝日が発表するも体格などイメージの違いが話題に、についてでした。

冒頭の画像転載元
https://dorama9.com/2018/10/18/shiroikyotou2019-cast-story/

白い巨塔 [DVD]
白い巨塔 [DVD]

コメント

タイトルとURLをコピーしました