free web hit counter

山口百恵と三浦友和。当時は東宝映画や大映テレビのモモトモ(百友)コンビと呼ばれた2人が世紀の結婚したのは1980年11月19日

山口百恵と三浦友和。当時は東宝映画や大映テレビのモモトモ(百友)コンビと呼ばれた2人が世紀の結婚したのは1980年11月19日

山口百恵と三浦友和。当時は東宝映画や大映テレビのモモトモ(百友)コンビと呼ばれた2人が世紀の結婚したのは1980年11月19日。以来、百恵さんは引退して決して「復帰」はせず、三浦友和さんは役者としての実績を積み重ねて紫綬褒章も受賞しました。

この温もりを自分だけのものにしたい

山口百恵と三浦友和。

百友(モモトモ)コンビ、という呼び方は40代以上の人なら懐かしいと思うはずです。

1970年代、東宝映画や大映テレビの作品を数多く撮った、山口百恵と三浦友和のドル箱コンビがそう呼ばれたのです。

山口百恵と三浦友和が“世紀の結婚”をしたのが80年11月19日。

2011年現在で、山口百恵は52歳、三浦友和は59歳になりました。

31年にもなるというのに、いまだにメディアではこの時期になると「結婚記念日」の記事を書きます。

これまでは、関連の取材を断っていた三浦友和も、今年は自ら結婚生活を語った自伝本『相性』(小学館刊)を上梓。

夫妻の“素顔”を公開したことで話題になっています。

2人はグリコのCM共演をきっかけに知り合い、1979年に三浦友和がプロポーズしたそうです。

山口百恵は、大映ドラマの『赤い』シリーズのあるシーンで、セーター姿の三浦友和に抱かれるシーンを撮ったとき、この温もりを自分だけのものにしたいと思った、と『蒼い時』に記しています。

本書は、中学から芸能生活を送ってきた21歳が書ける文章ではありません。

当然、ゴーストライターが仕上げているわけですが、もちろんそのエピソードは事実に基づいているのでしょう。

山口百恵という人間の価値観が、よく表現されています。

当時の勢い

芸能レポーターから目黒区議に転身した須藤甚一郎さんは、『週刊大衆』(2014年12月5日付)の連載「偏見自在」において、当時をこう述懐しています。

思い出すなあ。結婚式・披露宴の盛り上がりは、芸能界史上で空別絶後。ワイドショー、週刊誌が芸能ネタの全盛期で、こちとらは取材で駆けずり回った。 結婚式の行なわれた東京・赤坂の霊南坂教会周辺には、百友ペアをひと日見ようと徹夜組までいて、全国からファンが約1万人も押しかけ「ワァー、キャッー」。挙式後、夕方、教会前に百友カップルが姿を見せると約千人ものリポーター、カメラマン、記者が「ウオーッ」「おめでとう」「百恵!」と吠えた。

思えば、この頃はまだ、スターは万人の憧れでした。

だから、歌を歌って、ドラマや映画に出て、ラジオのパーソナリティもつとめました。

山口百恵は、歌で大きな賞を取ったこともないし、紅白でトリをつとめた経験もありません(森昌子は経験あり)。

ただし、レコードの生涯セールスはピンクレディ、森進一に次ぐ数字をたたき出しています。

実働期間を考えれば、大変な数字です。

ドラマや映画でも実績を残しました。

CMにも出ました。

ラジオの『ラブリーポエム』(ニッポン放送)は、私は熱心に聴いていました。

それに引き換え、今の「スター」は、個的化、細分化されています。

今のタレントと比べても……


たとえば、「グラドル」は巨乳・爆乳なだけ。

週刊誌のグラビアとバラエティぐらいしか仕事がありません。

AKB48といっても、ファンとそうでない一般の人との関わり方がまるで違います。

ひと頃の嵐にもそれはいえました。

コンサートのチケットやCDなど、オリキで支えられる市場は潤っても、テレビで数字を取れません(こちらは、二宮和也や櫻井翔などが克服しつつあるが)。

プロ野球もそうですが、現代の人気商売は、タレントの働き場所(ターゲット)があらかじめ決まった分業制が確立されているのです。

先発ローテーションの投手は今は週1回。

登板する日が素人にもわかってしまいます。

しかし、山口百恵が全盛の頃は、次の日の先発予定の投手が試合展開いかんでは、よもやのリリーフ登板をするから采配が読めずに面白かった。

芸能界も、「分業」にこだわらない活躍ができるスターを大衆は待っています。

それがいないから、いまだに山口百恵や松田聖子がもてはやされるのだと思います。

以上、山口百恵と三浦友和。当時は東宝映画や大映テレビのモモトモ(百友)コンビと呼ばれた2人が世紀の結婚したのは1980年11月19日、でした。

蒼い時 (集英社文庫) - 山口 百恵
蒼い時 (集英社文庫) – 山口 百恵

相性 [ 三浦 友和 ] - 楽天ブックス
相性 [ 三浦 友和 ] – 楽天ブックス

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
芸能
トレンド雑談

コメント