free web hit counter

レーシックはひと頃近視矯正の絶対的な切り札のようにもてはやされましたが安全性やデメリットなどはきちんと確認を

レーシックはひと頃近視矯正の絶対的な切り札のようにもてはやされましたが安全性やデメリットなどはきちんと確認を

レーシックと言えば、ひと頃は近視矯正の絶対的な切り札のようにもてはやされ、アフィリエイトを含めた多数の関連サイトがネット上を賑わせました。ところが、その後はトラブルや弊害が明らかになり、以前ほどの信用はもはやないようにおもいます。

レーシックをめぐる問題点

細菌性角膜炎感染のトラブルもあった

レーシックは、角膜をエキシマレーザーで削って角膜のカーブを変えることで、屈折異常を矯正するものです。

ひところは、近視矯正の最後の手法(もう別の方法は不要)といわれるほどチヤホヤされましたが、その後、トラブルやいろいろな問題点を指摘されるようになりました。

レーシックによる角膜炎感染の判決が話題になったのは7年前のことです。

被告は裁判で事実関係を認めていましたが、判決は業務上過失傷害罪で禁錮2年(求刑禁錮3年)の実刑を言い渡しました。

すべてのレーシック手術がこの眼科のようなトラブルを起こすわけではありませんが、一般にレーシックには衛生上のリスクがあることは確かです。

そうした注意をしない、イケイケドンドンの宣伝に一役買った広告塔タレントの責任は見逃すべきではないと思うがどうでしょう。

元院長に実刑=レーシック角膜炎感染―東京地裁
時事通信 9月28日(水)15時22分配信
視力矯正のレーシック手術を受けた患者を細菌性角膜炎に感染させたとして、業務上過失傷害罪に問われた銀座眼科(東京都中央区、閉鎖)元院長の××××被告(49)の判決が28日、東京地裁であり、近藤宏子裁判官は禁錮2年(求刑禁錮3年)の実刑を言い渡した。××被告は起訴内容を認めていた。
近藤裁判官は「患者の衛生管理に関する最低限の知識すら欠いており、過失の程度は甚だしい」と指摘。「経済的利益を優先させ、手術数を増やしたいという考えから滅菌を怠るようになった。院内感染を疑うようになった後も対策を講じず、被害拡大への責任も重い」と批判した。

判決にもあるように、医師としての基本的な衛生管理である手術器具の滅菌処理が施されていないなどが原因で起きたもので、通常では考えられないことです。

デメリットを明かさずに推奨できるのか

ひと頃、近視矯正にレーシック、またはイントラレーシック手術が流行しているような印象がありました。

少なくともネットのアフィリエイトやアドセンスには、特定のキーワードがなければ1つは出てきていたし、スポーツ選手や芸能人、その他、高い視力が必要な職業の人々が広告塔になって「体験談」を語り、レーシック手術が安全でかつ視力矯正のトレンドであるかのような宣伝は何度もご覧になったことがあるでしょう。

ここで例を挙げておきたいのは水道橋博士です。

水道橋博士は、唐沢俊一との対談で、「近視矯正手術に対しては、これだけ安全なのにも関わらず定期的に叩き記事みたいなものが出てきます」とふり、「医学的見地からの警笛というより、業界的な圧力という色合いが強いんじゃないのかな。メガネ業界が大打撃を受けるじゃないですか、ものの10分の手術で半永久的に近視が治るんであれば……」などとマスコミの慎重な報道を批判しています(http://www.aspect.co.jp/hakase/02.html)。

上の事件がかりになかったとしても、レーシックというのは、そんなに万能で安全なものではないでしょう。

レーシックで問われる諸問題

まず、レーシックは誰でもスンナリ受けられるものではありません。

たとえば、長年のコンタクトレンズ使用で角膜が薄くなっている場合は不適であり、視神経の乳頭に陥没の所見があると、眼圧に問題がなくても(つまりその時点で緑内障と診断されていなくても)待ったがかかります。

眼圧が正常でも、正常眼圧緑内障という場合を警戒します。もし緑内障の可能性があったり、または緑内障と診断されている場合は、屈折矯正治療を受けてもよいという診断書が必要になります」(錦糸眼科)

40代以降で手術を希望する者には、こんな問題もあります。

レーシック治療では近視・乱視を矯正することは可能ですが、老眼は治療できません。既に老眼が始まっている方がレーシック治療を受ると、手元の細かいものなどを見る際には老眼鏡が必要となってくるデメリットがあります」(品川近視クリニック)

いったん削った角膜は元に戻らないので、そうなってから「手術前の方が良かった」といっても後の祭りです。

「矯正視力が十分出ていない場合には手術が難しい可能性が高くなります」と、手術による成果の「限界」もあると前出の錦糸眼科は教えてくれました。

さらに、レーシック手術は一般に成人してから手術すれば、生涯その矯正視力が維持されるといわれますが、パソコンを日常的に使う者は、かりに視力が矯正されても、また戻ってしまう場合もかもしれないという忠告もあります。

タイガーウッズが、レーシック再手術経験者というのは有名な話です。

近眼の誰でも、画期的に目が良くなるとは限らないというわけです。

コストにも考えるべき点あり

眼科によっては、レーシックやイントラレーシックが不適な場合、たとえば「角膜内リング」のような、白内障のような矯正を行うこともあります。

しかし、それはそれで問題があります。

「レーザーによる矯正手術は、一般に医療保険の対象になります。つまり、レーシック手術は生命保険の医療保険に入っていた場合、所定の保険金が支払われます。ただし、それ以外の矯正術については、おそらくは他社もそうだと思いますが、支払いの対象にはなりません」(アクサ生命)

今度はコストの問題が立ちはだかります。

もちろん、レーシック手術によるメリットを切実に求める人に、それを否定したいわけではないし、手術によって視力矯正がなされるのは確かです。

ただ、いずれにしても、バラ色の宣伝に目を奪われず、どんなものにもメリットやデメリット、適不適があり、それらを総合的に考えなければならないということです。

以上、レーシックはひと頃近視矯正の絶対的な切り札のようにもてはやされましたが安全性やデメリットなどはきちんと確認を、でした。

ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本 (図解 大安心シリーズ)
ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本 (図解 大安心シリーズ)

コメント