free web hit counter
芸能

1969年(昭和44年)の『第20回紅白歌合戦』は区切りの数字の記念大会でしたが出場歌手メンバーが渋いと大いに話題に

1969年(昭和44年)の『第20回紅白歌合戦』の出場歌手メンバーが渋いとFacebookで大いに話題になっています。20回という区切りの数字の記念ということで、ベテランはその年にヒットした歌ではなく、過去を含めての代表曲を熱唱しました。
スポーツ

渡辺恒雄氏情報でもちきりのさなか2011年清武英利氏が「球団私物化を許してはならない」との爆弾会見を思い出す

渡辺恒雄氏の死去情報でネットはもちきりです。昨晩亡くなったものの、読売は安倍総理の帰国まで公表したくないようでなかなか認めないが、各社、予定稿準備しているとの情報です。そこで、2011年の清武英利氏爆弾会見を思い出します。
芸能

『としごろ』(1973年、松竹)は森昌子、山口百恵、石川さゆりの“ホリプロ三人娘”の格差出演が今も話題になっている件

『としごろ』(1973年、松竹)は、ホリプロの中心タレントになりつつあった和田アキ子と、“ホリプロ三人娘”の中では、新人賞をとったばかりの森昌子が重要な役で出演しています。しかし、残る山口百恵は脇役。石川さゆりは不可解な出演でした。
芸能

1980年の紅白歌合戦は紅組の司会が黒柳徹子で白組の司会は山川静夫だが出場歌手メンバーが渋いと話題になっている件

1980年の『第31回紅白歌合戦』の出場歌手メンバーが渋いとFacebookで大いに話題になっています。紅組の司会は黒柳徹子、白組の司会は山川静夫です。何より2時間45分番組なのに先ごろ発表された2018年よりも出演者が多い。それだけ歌が重視されていました。
芸能

『なにはなくとも全員集合!!』はザ・ドリフターズの『○○全員集合!!』シリーズの第1作なのにDVD化されていない件

『なにはなくとも全員集合!!』(1967年、松竹)が、BS11で放送されていました。ザ・ドリフターズの『○○全員集合!!』シリーズ(全16作、松竹)の記念すべき第1作ですが、DVD化されていないためマニアにとっては待望のテレビ放送だったののです。
スポーツ

フロイド・メイウェザーJr.VS那須川天心は齟齬があったようで契約合意に至っていないことが明らかになったが真相は……

フロイド・メイウェザーJr.と那須川天心が、12月31日に『RIZIN.14』で対戦することが今月5日に発表されたのに、お互い齟齬があったとかで契約合意に至っていないことが明らかになりました。残念がる声、最初からできないと思ったという声と様々です。
社会

あなたに障碍ある兄弟姉妹がいたら相手にどう告白するかについては大きく3つのポインントがあると考えられている件

あなたに障碍のある兄弟姉妹がいたら、相手にどう伝えますか。障碍者自身の愛や性はしばしば語られるのですが、その兄弟姉妹の苦悩や葛藤はあまり語られることはありません。あなたに障碍者の兄弟姉妹がいたら、結婚したい相手にどう告白しますか。
社会

「契約結婚」と称する内容は未入籍で互いの性的関係不干渉というが結局結婚自体を否定できないけど自信もないだけの話

結婚自体を否定できないけど自信もないから、結婚生活の定義を全部否定しているとしか思えない「契約結婚」が話題になっています。結婚の定義に沿わない実態は結婚とはいわないし結婚と自称する必要もありませんが、下記の夫婦の考えはどう思われますか。
芸能

『おれは男だ!』は吉川操(早瀬久美)よりも丹下竜子(小川ひろみ)の方が良かったという意見が多数である理由を考える

『おれは男だ!』(1971年2月21日~1972年2月13日、松竹/NTV)の話です。ヒロインの吉川操(早瀬久美)よりも、小林弘二(森田健作)の剣道のライバルであった丹下竜子(小川ひろみ)の方が良かったという意見が多数の理由を考えてみました。
芸能

水道橋博士が「過労、蓄積疲労」で番組を休むと発表しましたが健康オタクを自称していたのではないかと疑問視される件

水道橋博士が、金曜レギュラーを務める番組を休演。所属事務所は「過労、蓄積疲労で、落ち着くまで仕事を休ませていただく。倒れたとかそういうことではない」としていますが、以前から健康オタクを自称し疑似科学な健康情報を推奨していたはずです。