free web hit counter

社会

社会

成功する人は神社に行くという説があるが、本当に神を信じたら成功できるのか、神はどこに宿っているのかを合理的に考える

成功する人は神社に行く、という説があります。東京のど真ん中にある近代的な企業にも神棚が飾ってあるところがありますね。神を信じたら成功できるのか。いずれにしても科学的に検証するのは不可能ですが、それを推奨する意見を確認してみました。
社会

天野馨南子さんの「婚姻問題は男性が27歳までに結婚を焦らないから深刻」に、なぜいつも男性だけのせいなのと疑問の声

未婚化・少子化は男性のせいなのでしょうか。ニッセイ基礎研究所人口動態シニアリサーチャーの天野馨南子さんがそう論考しています。男性は27歳、女性は26歳を過ぎると成婚数が下がるのに、いつでも結婚できると思い込む男性が悪いという論法です。
社会

あけましておめでとうございます。新春第一弾のお題は、お正月だから明らかにしておきたい初詣の行き先とお賽銭の額

あけましておめでとうございます。あけましておめでとうございます。 旧年中は誠にありがとうございました。本年もよろしくお願い申し上げます。さっそくですが、新春第一弾のお題は、お正月だから明らかにしておきたい初詣の行き先とお賽銭の額です。
社会

「幸せになるため」に親に感謝しなければならないのか。親の良いところも悪いところも真正面から批評することが真の問題解決

人は誰でもよりよい人生、有り体に表現すれば、幸せな人生でありたいと考えるでしょう。しかし、人生はいいことばかりではありません。毒親など感謝できない親のもとで育つと、親に対する恨みつらみが出てくるものですが、親には感謝しろという意見もあります。
社会

人生で関わってはいけない人のタイプはよく指摘されるが、要するに自己愛者こそ人生で絶対関わってはいけない人という話

自己愛な人。あなたの周りにいませんか。人間、無謬でも万能でもありませんから誰でも欠点はあります。だから、いちいちそれをもって目くじら立てても仕方ありませんが、自己愛者だけはやめた方がいいと思います。参考動画と書籍をご紹介しましょう。
社会

愛妻弁当を捨ててしまう既婚男性がいるというのだが、既婚者の特権としてせっかく作ってもらえるのにいったい何が問題か

愛妻弁当。既婚者の特権ですね。ところが、それを捨ててしまう既婚男性がいるというのです。せっかく作ってもらえるのにいったい何が問題なのでしょうか。物事には原因があって結果があるので、その原因についてアンケートから見ていきましょう。
生活

お坊さん派遣サービスは檀家でなかったり仏事を大げさにしたくなかったりする人がお坊さんのお経、戒名などを買うサービス

お坊さん派遣サービスご存知ですか。葬儀・戒名費用が高すぎる、寺の檀家でもない人がお経のお坊さんを派遣してもらったり戒名を買ったりするサービスです。金額も一律で明朗会計ですが、一律に金額を決め商品化し金儲けに走っているとの批判もあります。
社会

『なぜ「つい」やってしまうのか衝動と自制の科学』は心理学と神経科学から衝動に抗う自制心の鍛え方が書かれています

『なぜ「つい」やってしまうのか衝動と自制の科学』(デイビッド・ルイス著、得重達朗翻訳、CCCメディアハウス)は衝動に抗う自制心の鍛え方が書かれています。食べ過ぎ、衝動買い、恋愛、そして暴力...など「ついやってしまう」ものが対象です。
社会

脱しきたりのススメ(島田裕巳著、毎日新聞社)はしきたりの正体を明らかにしながらそれらと上手に付き合う指南書です

脱しきたりのススメ(島田裕巳著、毎日新聞社)はしきたりの正体を明らかにしながらそれらと上手に付き合う指南書です。結婚式、お中元、祝儀袋・不祝儀袋、遺言書、年金制度、不動産、離婚、葬式、など昔からあるものの意味と処し方を対象としています。
社会

人生の明暗を分けるのは健常者、難病者、障害者など関係なく“やるかやらないか”というシンプルな選択がすべてという話

人生の明暗を分けるのは、健常者だろうが障害者だろうが“やるかやらないか”がすべてである、という話です。健常者はともかくとして、知的障害者まで進軍ラッパ鳴らして尻を叩くのかといわれそうですが、そんなに大仰な話ではありません。