free web hit counter

社会

社会

人生の明暗を分けるのは健常者、難病者、障害者など関係なく“やるかやらないか”というシンプルな選択がすべてという話

人生の明暗を分けるのは、健常者だろうが障害者だろうが“やるかやらないか”がすべてである、という話です。健常者はともかくとして、知的障害者まで進軍ラッパ鳴らして尻を叩くのかといわれそうですが、そんなに大仰な話ではありません。
社会

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる(藤由達藏著、青春出版社)は「すぐやる人」になるためのノウハウを紹介

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる(藤由達藏著、青春出版社)は「すぐやる人」になるためのノウハウを紹介しています。何より物事は10秒で決められるかどうかが明暗を分けるとし、気分と視座を変えることや時間の有効活用も提言しています。
社会

羽田クロノゲート(大田区羽田旭町)は羽田の立地を活かした日本最大級の物流ターミナルで障害者雇用の直営店もあります

羽田クロノゲート(大田区羽田旭町)は羽田の立地を活かした日本最大級の物流ターミナルで障害者雇用の直営店もあります。クロノゲート名称の由来は、ギリシャ神話における時間の「神」(クロノス)と「門、出入り口」(Gate)の2語を組み合わせ...
社会

障害者が公共交通機関や映画館などで割引になることについて、しばしばネットでは不平等とか逆差別だといった意見あり

障害者が公共交通機関や映画館などで割引になることについて、しばしばネットでは不平等とか逆差別だといった意見があります。ネットで指摘されていることにはデマも少なくありませんが、一部割引があるのは事実です。ちょっとその点考えてみました。
社会

聴覚障害、ろう、ろうあ(聾唖)の違いについて聴覚障害者・ろう者のYoutuberが手話と言葉で数字と具体的に解説した

聴覚障害、ろう、ろうあの違いがわかりますか。聴覚障害者のYoutuber、くらげさんが説明しています。聴覚障害は聞こえにくいか聞こえない状態。ろう者は手話を母語として使用する聴覚障害者で、聾唖は耳が聞こえず言語を発声できないことをいいます。
社会

墓じまいや離檀は少子化や核家族となったこんにちの社会問題になっていますが「仏様を粗末にする」とバチは当たるか?

墓じまいや離檀は少子化や核家族となったこんにちの社会問題になっていますが「仏様を粗末にする」とバチは当たるか?気になりませんか。バチなんていったいいつの迷信だよ、と思う一方で、でももし万が一何かあったらと一抹の不安もあるかもしれません。
社会

武田真一キャスターが「毒親」を否定し「親なら子供に期待するのは当然」と言い張るのですが「それが毒親」と批判の嵐

武田真一キャスターの『クローズアップ現代+』が2019年4月18日(木)に放送した『毒親って!? 親子関係どうすれば・・・』が話題です。武田真一キャスターが「毒親」という言葉を否定し、親なら子供に期待するのは当然と言い張るのですが……
社会

『キラキラネームの大研究』(伊東ひとみ著、新潮社)は『キラキラネーム』は日本語の体系の問題に過ぎないと指摘する

『キラキラネームの大研究』(伊東ひとみ著、新潮社)は『キラキラネーム』は日本語の体系の問題に過ぎないと指摘する書籍です。つまり、日本語そのものの矛盾に端を発しているものであり、いずれにしても『キラキラネーム』否定には懐疑的な内容です。
社会

オーケーストアがスーパー顧客満足度調査で7年連続1位の理由はコストカットとともにオリジナルピザやおにぎりも好評

オーケーストアが、日本生産性本部サービス産業生産性協議会の『日本版顧客満足度指数 スーパーマーケット部門』(2017年度)の顧客満足度調査で7年連続1位になったそうです。徹底したコストカットとともに、オリジナルのピザやおにぎりも好評です。
社会

カネを積まれても使いたくない日本語(内館牧子著、朝日新書)は「違和感のある日本語」「断定回避の言葉」斬りまくり

カネを積まれても使いたくない日本語(内館牧子著、朝日新書)が話題になっています。『~でよろしかったですか』や『~なカタチ』など「違和感のある日本語」を内館牧子さんが斬りまくっています。言葉は時代とともに変化するといいますがあなたの感想は?