free web hit counter

社会

社会

「しょうがいしゃ」の表記は「障害」か「障がい」か「障碍」か。兵庫県宝塚市説なら「障碍者」、NHK説なら「障害者」

「障害」か「障がい」か「障碍」か。体や精神に不自由があるときの「しょうがい」を表現する時、どの字を使いますか。兵庫県宝塚市は「障碍」と決めました。NHKは従来から、「害」は本人ではなく社会の側を指すという理由から「障害者」と表記します。
社会

愛妻弁当を捨ててしまう既婚男性がいるというのだが、既婚者の特権としてせっかく作ってもらえるのにいったい何が問題か

愛妻弁当。既婚者の特権ですね。ところが、それを捨ててしまう既婚男性がいるというのです。せっかく作ってもらえるのにいったい何が問題なのでしょうか。物事には原因があって結果があるので、その原因についてアンケートから見ていきましょう。
社会

エスカレーターの片側空けは障碍者や駆け上がりの危険さや輸送効率の悪さが言われても目が覚めない人たちがいる大問題

エスカレーターの片側空け問題が議論になっています。右手しか使えない障碍者や駆け上がりの危険さが主張されても、急ぐ時便利だと言いはる人は譲りません。しかし、時代は片側を空けないという方向で決着が付きつつあります。大変なことが起こるからです。
生活

お坊さん派遣サービスは檀家でなかったり仏事を大げさにしたくなかったりする人がお坊さんのお経、戒名などを買うサービス

お坊さん派遣サービスご存知ですか。葬儀・戒名費用が高すぎる、寺の檀家でもない人がお経のお坊さんを派遣してもらったり戒名を買ったりするサービスです。金額も一律で明朗会計ですが、一律に金額を決め商品化し金儲けに走っているとの批判もあります。
社会

『なぜ「つい」やってしまうのか衝動と自制の科学』は心理学と神経科学から衝動に抗う自制心の鍛え方が書かれています

『なぜ「つい」やってしまうのか衝動と自制の科学』(デイビッド・ルイス著、得重達朗翻訳、CCCメディアハウス)は衝動に抗う自制心の鍛え方が書かれています。食べ過ぎ、衝動買い、恋愛、そして暴力...など「ついやってしまう」ものが対象です。
社会

脱しきたりのススメ(島田裕巳著、毎日新聞社)はしきたりの正体を明らかにしながらそれらと上手に付き合う指南書です

脱しきたりのススメ(島田裕巳著、毎日新聞社)はしきたりの正体を明らかにしながらそれらと上手に付き合う指南書です。結婚式、お中元、祝儀袋・不祝儀袋、遺言書、年金制度、不動産、離婚、葬式、など昔からあるものの意味と処し方を対象としています。
社会

人生の明暗を分けるのは健常者、難病者、障害者など関係なく“やるかやらないか”というシンプルな選択がすべてという話

人生の明暗を分けるのは、健常者だろうが障害者だろうが“やるかやらないか”がすべてである、という話です。健常者はともかくとして、知的障害者まで進軍ラッパ鳴らして尻を叩くのかといわれそうですが、そんなに大仰な話ではありません。
社会

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる(藤由達藏著、青春出版社)は「すぐやる人」になるためのノウハウを紹介

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる(藤由達藏著、青春出版社)は「すぐやる人」になるためのノウハウを紹介しています。何より物事は10秒で決められるかどうかが明暗を分けるとし、気分と視座を変えることや時間の有効活用も提言しています。
社会

羽田クロノゲート(大田区羽田旭町)は羽田の立地を活かした日本最大級の物流ターミナルで障害者雇用の直営店もあります

羽田クロノゲート(大田区羽田旭町)は羽田の立地を活かした日本最大級の物流ターミナルで障害者雇用の直営店もあります。クロノゲート名称の由来は、ギリシャ神話における時間の「神」(クロノス)と「門、出入り口」(Gate)の2語を組み合わせ...
社会

障害者が公共交通機関や映画館などで割引になることについて、しばしばネットでは不平等とか逆差別だといった意見あり

障害者が公共交通機関や映画館などで割引になることについて、しばしばネットでは不平等とか逆差別だといった意見があります。ネットで指摘されていることにはデマも少なくありませんが、一部割引があるのは事実です。ちょっとその点考えてみました。