free web hit counter

『まんまる四角』はここ数日訃報でもちきりの京マチ子さんがホームコメディー連続ドラマ初主演として話題になった作品

『まんまる四角』はここ数日訃報でもちきりの京マチ子さんがホームコメディー連続ドラマ初主演として話題になった作品

『まんまる四角』はここ数日訃報でもちきりの京マチ子さんがホームコメディー連続ドラマ初主演として話題になった作品です。同じ時間帯に放送されていたのが人気刑事ドラマ『太陽にほえろ!』でしたが、CSやBSでの放送を待ち望む機運も高まっています。

ネイティブ大阪弁を話す“狭いながらも楽しい我が家”

京マチ子さん(1924年3月25日~2019年5月12日)といえば、田中絹代、原節子、高峰秀子、山田五十鈴、京マチ子と並び称せられる昭和五大映画女優です。

その中で唯一、ホームコメディードラマの出演実績があるのが、京マチ子さんであり、ドラマ名は『まんまる四角』(1973年1月5日~6月29日、TBS)です。

『まんまる四角』は、リアルタイムでは、毎週金曜日の午後8時から放送されました。

ストーリーは、大阪の2人の子連れのおでん屋のおかみさんである京マチ子が、赤坂でとんかつ屋を営む3人の子持ちの男やもめである二谷英明に嫁ぎます。

そして、賑やか家族や近所の人々との悲喜劇を、「夏の夕立ちのあとの青空のように明るくカラリと描くホームコメディー」(当時のホームドラマチャンネル公式サイトより)です。

京マチ子は、リアルも大阪出身ですが、ちょっと口調がゆっくりして、大阪弁というより京都弁に近い言葉を話すおかみさんです。

嫁ぎ先のとんかつ屋の主人が、日活ダイヤモンドラインの一翼を担った二谷英明です。

それぞれの連れ子は、京マチ子側が、桜木健一と小鹿ミキ。

京マチ子の母親役が浪花千栄子。

この方々、ネイティブの大阪弁を話せるんですね。

『まんまる四角』は、なかなか凝った本格的な人選です。

一方、二谷英明の子どもたちは、坂本九、沢田雅美、水沢あき子(水沢アキ)。

舅役に志村喬。

とんかつ屋の部屋割りはわかりませんが、店舗建住宅ならそんなに広くはないでしょうが、そこに集まる連れ子を含んだ再婚一家。

しかも、東京と大阪という文化の違いもあり、ちょっとした紛争、ドタバタが絶えず、もちろんホームコメディーですから、それらを毎回ユーモラスに描いています。

今だったら、窮屈そうな家庭ですが、昭和はこうやって、家族が肩をぶつけ合いながら茶の間でわいわいやっている、“狭いながらも楽しい我が家”という価値観や生活様式があったのです。

京マチ子が再婚したとんかつ屋の店員は、木内みどり、高松しげお、国睦子。

近所の人々は、近所の呉服屋が、二谷英明と幼馴染という設定で犬塚弘と小倉一郎。

喫茶店は、園佳也子、宮脇康之、天野満里子。

その他、宗方勝巳、加賀まりこ、多々良純らが出演しています。

『まんまる四角』は、なかなか豪華なメンバーです。

最終回あたりに、三船敏郎がゲスト出演したらすごかったのですが、さすがにそこまではありませんでした。

主題歌は、『夜も昼も』(作詞:阿久悠、作曲:森田公一)という歌を、さわやかに坂本九が歌っています。

まさに、番組リリースにあるように、「夏の夕立ちのあとの青空のように明るくカラリ」です。

『太陽にほえろ!』が強かった

『まんまる四角』は、京マチ子さんの初主演ホームコメディーとしいう触れ込みで、鳴り物入りで始まった番組。

当時は、まだ映画>テレビドラマという考え方がありましたから、「あの大映の大物女優の京マチ子が連続テレビドラマに主演」ということだけで価値があったのです。

その京マチ子主演ドラマをこけさせてはならないということで、当時お化け番組『ありがとう』を作っていたテレパックが、豪華キャスティングでのぞんだわけです。

ただ、やはり枠は午後8時ですから、どの局も強力なコンテンツで対抗してきます。

何より、同じ時間帯に日本テレビで放送されていたのが、プロレス中継を打ち切って急遽始まった人気刑事ドラマ『太陽にほえろ!』でした。

それまでの刑事ドラマは、『七人の刑事』(TBS)にしろ、『特別機動捜査隊』(東映/NET)にしろ、事件そのものが“主役”で、解決までを時系列で追っていくストーリーでした。

一方、『太陽にほえろ!』は、もちろんストーリーの流れとして捜査と事件解決はあるのですが、主要なドラマツルギーは、若いマカロニ刑事(萩原健一)が、時にはボス(石原裕次郎)と衝突して、そして中堅・ベテラン刑事らに助けられて、何かを生み出していくという青春ドラマや群像劇としてのモチーフで描かれた、要するに事件を狂言回しにして人間を描いたドラマでした。

これは、当時斬新で、それゆえに1972年7月21日~1986年11月14日まで14年にわたって続いた人気ドラマになったわけです。

一方、NHKは、異色時時代劇として『天下御免』を放送。

平賀源内(山口崇)が諸問題や難事件を解決してい痛快時代劇でこれまた人気を博していました。

また、NET(テレビ朝日)では、日本テレビがプロレス中継を打ち切ってすぐにプロレス中継を入れました。

まだ、この頃はプロレス中継は数字をとれるコンテンツとされ、ちょうどアントニオ猪木の新日本プロレスに坂口征二が合流した頃とぶつかりました。

さらに、木曜8時に、『ありがとう』で、次の日の同じ時間帯にまたテレパックのホームドラマでは飽きられてしまう、という意見もありました。

そんなこんなで『まんまる四角』は、数字も話題性もいささか尻すぼみに終わってしまった感は否めません。

もし、『まんまる四角』が別の枠で放送されもっと数字が出ていたら、京マチ子は森光子さんや池内淳子さんや京塚昌子さんらとも一味違う、ホームドラマのお母さん役としてのキャリアが加わったかもしれません。

そして現在、『まんまる四角』は裏番組を気にしなくてもいいBS、CSでの放送が待望されています。

10年前には、ホームドラマチャンネルなどで放送されたことがあるので、ビデオ自体は現存しているようです。

できれば、京マチ子さん追悼作の一つとして、また放送されることを望みます。

『まんまる四角』のまとめ

『まんまる四角』は、京マチ子がホームコメディーの連続ドラマ初主演として話題になった作品です。

大阪のおでん屋の京マチ子が、連れ子とともに、東京のとんかつ屋のやはり子供のいる二谷英明と再婚する話です。

志村喬、東山千栄子、坂本九、小鹿みき、沢田雅美、桜木健一、園佳也子ら豪華出演陣です。

以上、『まんまる四角』はここ数日訃報でもちきりの京マチ子さんがホームコメディー連続ドラマ初主演として話題になった作品、でした。

牝犬 [DVD]
牝犬 [DVD]

です。同じ時間帯に放送されていたのが人気刑事ドラマ『太陽にほえろ!』でしたが、CSやBSでの放送を待ち望む機運も高まっています。

コメント