free web hit counter

芸能

芸能

野村沙知代さんといえば、ミッチー・サッチーバトルでマスコミに叩かれましたが、行き過ぎた記事を訴えて多くは勝利しました。

野村沙知代さんといえば、ミッチー・サッチーバトルでマスコミに叩かれましたが、行き過ぎた記事を訴えて多くは勝利しました。その端緒は、塩月弥栄子さんの著書で名誉を傷つけられたとして、1100万円の損害賠償を求めた勝訴判決です。
芸能

明石家さんまさんの「努力しました」嫌いは有名です。「努力は必ず報われる」は「逃げ言葉」と断言したことも過去に話題に

明石家さんまさんの「努力しました」嫌いは有名です。「努力は必ず報われる」は「逃げ言葉」と断言したことも過去に話題になりました。努力否定論は明石家さんまさんの持論といっていいと思いますが、そこには彼の人生観が大きく反映しているようです。
芸能

『思い出のカバーソング40選』という週刊誌の記事から、カバーソング(カヴァーソング、カヴァー曲)の背景や意義を考える

『思い出のカバーソング40選』という週刊誌の記事から、カバーソング(カヴァーソング、カヴァー曲)の背景や意義を考えてみました。カバーソングとは、以前リリースされたものの、もともとの歌手や作詞家などとは別の楽曲です。
芸能

中島らもさんが19年前の2003年、大麻取締法違反(所持)事件で逮捕され、有罪判決(懲役10カ月執行猶予3年)を受けました。

中島らもさんが19年前の2003年、大麻取締法違反(所持)事件で逮捕され、有罪判決(懲役10カ月執行猶予3年)を受けました。かねてから大麻解放論者であり、自説をエッセイで述べたり、海外での薬物使用体験を小説化したりしていました。
芸能

坂上二郎さんといえば、俳優として様々な作品に出演。歌もリリースしましたが、ご本人曰く最も思い出深いのは「コント55号時代」

坂上二郎さんといえば、俳優として様々な作品に出演。歌もリリースしましたが、ご本人曰く最も思い出深いのは「コント55号時代」といいます。しかし、2人は当時、水と油の関係でした。むしろそんな関係だからこそ。2人のアドリブ合戦が火の出るような笑いもたらしたのでした。
芸能

梅宮辰夫さんが役員をつとめていた『梅宮辰夫漬物本舗』が提訴されたものの、原告と和解に至ったのは2003年5月7日のことです

梅宮辰夫さんが役員をつとめていた『梅宮辰夫漬物本舗』が提訴されたものの、原告と和解に至ったのは2003年5月7日のことです。芸能人の知名度を利用した、フランチャイズ制度による齟齬であり、タレント商法の難しさを感じさせました。
芸能

松方弘樹さんの事務所と真宗大谷派による『蓮如物語』の興行収益を巡る争いがかつてありましたが和解しました(2003年5月21日)

松方弘樹さんの事務所と真宗大谷派による、アニメ映画の興行収益を巡る争いがかつてありましたが、和解しています(2003年5月21日)。浄土真宗中興の祖・蓮如上人の生涯を描いたアニメ映画『蓮如物語』の興行収益の配分をめぐる齟齬でした。
芸能

大原麗子さんが、女性誌の記事に対する名誉棄損裁判に勝訴したことは、高額賠償金の前例を作った裁判になりました(2001年2月26日)

大原麗子さんが、女性誌の記事に対する名誉棄損裁判に勝訴したことは、高額賠償金の前例を作った裁判になりました(2001年2月26日)。昨今の名誉毀損賠償金高額化のきっかけとなる裁判といわれているのが、「大原麗子ご近所裁判」です。
芸能

加山雄三さんは、産経新聞社がアンケート調査した『シニア向け一日警察署長を務めるにふさわしいと思う有名人』の第1位に選出

加山雄三さんは、産経新聞社がアンケート調査した『シニア向け一日警察署長を務めるにふさわしいと思う有名人』の第1位に選出されたそうです。かつては若大将として一世を風靡し、かつ借金や怪我や火災などを経験した人生の陰翳に富む加山雄三さんの選出は頷けます。
芸能

『ピクシー・カフェ』は、SHARA(シャラ)というジャズ歌手が1991年にリリースした歌うボサノバ的サウンドを思い出します

『ピクシー・カフェ』は、SHARA(シャラ)というジャズ歌手が1991年にリリースした歌うボサノバ的サウンドを思い出します。ジャズ歌手の北川純子さんと譜久里ゆかりさんのユニットによる、オシャレでモダンなポップスである同曲はデビューアルバムでした。