free web hit counter

早乙女愛は『愛と誠』の公募の中から選出され「早乙女愛」を芸名にしましたが本作予告編のコピーは「青春のゲバルト」

早乙女愛は『愛と誠』の公募の中から選出され「早乙女愛」を芸名にしましたが本作予告編のコピーは「青春のゲバルト
早乙女愛(さおとめあい、1958年12月29日~2010年7月20日)は、1974年の『愛と誠』の話。松竹が「早乙女愛」役を公募し、4万人の中から選出された女性の芸名をそのまま「早乙女愛」にしたことによります。予告編のコピーは「青春のゲバルト」。

映画の中では、不良グループ同士の抗争が何度か描かれていますが、非行少年同士の喧嘩と言うよりも、過激派学生の抗争のように見えます。

それはそれとして、私は早乙女愛は素晴らしいとおもいましたね。

ロングで耳のところをカットするヘアスタイルが実によく似合いました。

早乙女愛は松竹と契約したので、「愛と誠」後も、ずっと松竹映画に出ていますが、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」(1975年)「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」(1975年)「スプーン一杯の幸せ」(1975年)「青春の構図」(1976年)などは観てます。

まあたしかに台詞は棒読みでした。

でもその後、沢口靖子を観てしまったので、そのあたりの記憶は消えましたが(笑)

「青春の構図」は岡田奈々、秋野暢子、早乙女愛という3人の群像劇で、まあその中では早乙女愛の扱いが一番軽かったですけどね。

でも岡田奈々も、よく見ると芝居ができていないので、似たようなもんです。

でも早乙女愛の歌はちょっと……岡田奈々が「よりまし」か。

予告編がYoutubeにあがってますが、出演者は多彩で、昭和の古き良き時代の青春映画としてまずまずのできだとおもいました。

いけだももこもなかなかよかったし。https://youtu.be/yuRTRQ2PWa8

本作は、当時アイドル歌手から女優へとシフトしつつあった岡田奈々、NHK連続テレビ小説のヒロインに抜擢された秋野暢子、『愛と誠』に出演した早乙女愛の3人が中心。

早乙女愛、秋野暢子、岡田奈々の3人とも高校は同じでしたが、岡田奈々と秋野暢子が同じ大学で、早乙女愛が別の体育大学。いずれもバスケット部という設定です。

インパクトあった卵スープのテレビCM

その後、山城新伍の肝いりで、ハングマンに出たり、映画で派手なヌードを見せたりしましたが、私はあのシャワーシーンは最高のヌードだとおもいました。

早乙女愛が、大きな卵の殻の中でジタバタする卵スープのテレビCMは、何年たっても夢に出てきましたね。

「愛と誠」は映画がヒットして、テレビ東京が、夏夕介と池上季実子でやってましたが、夏夕介はともかく、池上季実子のアカぬけないこと。

三津五郎の孫だったとおもいますが、七光にもほどがあるとおもいました。

でもその後を見ると、早乙女愛よりは格上ですから、やっぱり棒読みではだめなんですね(笑)

早乙女愛写真集 (週刊プレイボーイ特別編集)
早乙女愛写真集 (週刊プレイボーイ特別編集)

あの頃映画 「愛と誠」 [DVD]
あの頃映画 「愛と誠」 [DVD]

コメント