free web hit counter

科学・医学

科学・医学

血液型性格判断に頼る症候群は1980年代から既に企業の採用やプロジェクトメンバー選考も血液型性格判断を基準にする件

血液型性格判断に何でも頼る。何とも困った「症候群」ですが、これだけで驚いたり呆れたりしてはいられませんよ。何しろ企業が採用やプロジェクトメンバー選考にあたり、血液型性格判断を基準にしているという実態も1980年代からは出始めていたのです。
科学・医学

血液型性格判断が人に受け入れられているのはたとえば人気漫画サザエさん一家まで「判断」するなどの親しみがあるからかも

血液型性格判断は、芸能人や政治家の血液型から後付けで性格や相性を当てはめている疑似科学であることはすでに述べました。それでも人に受け入れられているのは、たとえば人気漫画サザエさん一家まで「判断」するなどの親しみがあるからかもしれません。
科学・医学

血液型相性判断はバラエティ番組や雑誌や朝の情報番組で馴染み深くさせられていますが血液型で人間の相性はわかりません

血液型相性判断は、バラエティ番組や雑誌のコーナーで特集が組まれたり、朝の情報番組で血液型占いが放送されたりと、日本人にとって馴染み深くさせられています。そこで、好きな人の性格を、つい血液型別性格から調べた経験もあるのではないでしょうか?
科学・医学

女の子は男親に似る俗説はありますが、両親の遺伝子をシャッフルして受け取るのでその子ども独自の形質を形成します

女の子は男親に似る。そういう俗説を聞いたことあるでしょう。今回の芸能人の妊娠・出産でまたぞろそのことが話題になっています。草刈正雄が孫と初対面でうれし泣きをして、それを娘の紅蘭がInstagramで発表したという芸能ニュースがありました。
科学・医学

宏観異常現象観察研究は近年の日本各地の大地震で注目度が高まってきたものの感覚に基づく目撃証言が決め手になる憾み

宏観異常現象観察が話題になっています。2018年は北海道胆振東部地震、大阪北部地震がありました。今度はいつどこであるかわからない不安から、宏観異常現象といわれる地震予知めいたものに心を奪われる場合がありますが、スケプティクスに考えましょう。
科学・医学

カップ麺を食べると環境ホルモンのせいで子どもができなくなるという報告は『リスク評価』という点で見ると正しい考察か?

カップ麺を食べると(環境ホルモンのせいで)子どもができなくなる? 今はそのような話はあまり気にされていないようですが、1998年2月発行の日本子孫基金会報でその報告があって以来、ネットの一部ではその問題がまだ論じられています。
科学・医学

注射した日は入浴できないと昔は言われていたのに最近は注射の日でも入浴は大丈夫になりましたがどうしてでしょうか

注射した日は入浴できない、と子供の頃いわれた経験は、少なくとも40代以上の人ならあるでしょう。今でもそれを守ってますか。でも、最近の医師はそういいませんよね。注射の日でも入浴は大丈夫になったようです。どうしてでしょうか。今日はその話です。
科学・医学

我が国では口に入るもののなかで医薬品・医薬部外品以外は大枠で食品と分類されておりサプリメントという薬品は存在しない

サプリメントの虚実について考えましょう。サプリメントを商売道具に使った薬機法(旧薬事法)違反の事件は絶えることがありません。いわゆる健康食品が効果効能をうたっていたため、薬機法の医薬品規定の違反として逮捕されているケースもあります。
科学・医学

レーシックはひと頃近視矯正の絶対的な切り札のようにもてはやされましたが安全性やデメリットなどはきちんと確認を

レーシックと言えば、ひと頃は近視矯正の絶対的な切り札のようにもてはやされ、アフィリエイトを含めた多数の関連サイトがネット上を賑わせました。ところが、その後はトラブルや弊害が明らかになり、以前ほどの信用はもはやないようにおもいます。
科学・医学

ニンニク注射は効くのか? ネットメディアでは医師100人に対して行ったニンニク注射に対するアンケート結果を記事に

ニンニク注射という栄養点滴があります。かつて巨人にいた清原和博氏や、元横綱の朝青龍氏が行って有名になった「健康療法」です。ネットメディアでは、医師100人に対して行ったニンニク注射に対するアンケート結果を記事にしています。