free web hit counter

ヤサイソーラーメンは『孤独のグルメSeason4』第1話の『東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ』で紹介されました

ヤサイソーラーメンは『孤独のグルメSeason4』第1話の『東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ』で紹介されました

ヤサイソーラーメンは『孤独のグルメSeason4』第1話の『東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ』で紹介されました。そこで例によって残り物の素麺とカット野菜、スープは『ヒガシマル醤油 ラーメンスープ 醤油 1.8L』を使って実際に作ってみました。

今回は原作者の久住昌之さんから始まった

『孤独のグルメSeason4』の第1話(2014年7月9日放送)の『東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ』でのことす。

この話は先日も、『味噌にんにく青唐辛子入り』を実際に作ったことをご紹介しました。

味噌にんにく青唐辛子入りは『孤独のグルメSeason4』の第1話で登場したニンニクに青唐辛子と味噌ダレを加えたご飯のお供
味噌にんにく青唐辛子入りは、『孤独のグルメSeason4』の第1話(2014年7月9日)で登場した“ご飯のお供”です。東京都清瀬市の大衆食堂『みゆき食堂』で、井之頭五郎が「これだけでもメシ、100杯ぐらいイケるんじゃないか」と絶賛したので作ってみました。

清瀬に商用でやってきて、みゆき食堂ののれんをくぐった井之頭五郎さん(松重豊)。

東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ

メニューの短冊がいたる所に貼り付けられている大衆食堂です。

今日ご紹介するヤサイソーラーメンは、その本編では出てきません。

本編終了後に、原作者の久住昌之さんが、ドラマの舞台となったお店を訪問して、店のものを一杯やりながら注文します。

今回のヤサイソーラーメンは、そこで注文されたのです。

ヤサイソーラーメン

店員「おまたせしました」

久住昌之「えーっ、これが『小』なんですか。でかいじゃない。びっくりだなあ」

ヤサイソーラーメン

久住昌之「スープはね、ほんとにさっぱり味の、ごまの効いた醤油スープなんだけれども、そこにこのねぇ、細いソーメンがすごい合う」

ヤサイソーラーメン

というわけで、ソーメンならあるし、ちょっくらヤサイソーラーメンを作ってみっか、ということになりました。

ちなみに、『ソーラーメン』といっても、永谷園から発売されている、ラーメンスープを麺つゆに使った『そうらーめん』のことではなく、あくまでドラマの舞台となった『みゆき食堂』のオリジナルメニューとして提供されている麺にソーメンを使った野菜ラーメンです。

ヒガシマルのスープで作ってみた

材料

ヤサイソーラーメン用の材料は、家に残っているソーメンとカット野菜。

そして、ヒガシマルのラーメンスープを使ってみました。

ラベルには、「うすくち醤油をベースに鶏がら、豚骨、野菜でとったまろやかでコクのある醤油ラーメンスープです。お湯でのばすだけで、手軽に本格的な味ができあがります」と記載されています。

香り付けにごま油を使う

野菜は市販のカット野菜を使用(230g)し、野菜を炒めて香り付けにゴマ油を入れます。

カット野菜

カット野菜

ソーメンは1輪半使いました。

ソーメンは1輪半

野菜をスープになじませるのがコツ

スープにできた麺と野菜を入れます。

スープにできた麺と野菜を入れます

これで、ヤサイソーラーメンの出来上がり。

ヤサイソーラーメン

タンメンと違い、スープと具材を一緒に調理していないので、野菜とスープの馴染み方が十分でないかなという反省があります。

そこで私が思ったのは、テレビを見た限りでは、そんなにトロミを感じなかったので入れなかったのですが、片栗粉を入れたらどうかなということです。

それによって、スープと具材が繋がります。

ヤサイソーラーメン、みなさんもいかがですか。

ヤサイソーラーメンのまとめ

ヤサイソーラーメンは、『孤独のグルメSeason4』の第1話(2014年7月9日放送)の『東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ』で、原作者の久住昌之さんが食べていました。

自分で作る際は、スープはヒガシマルのラーメンスープを使い、炒めた野菜はごま油で香り付けをしました。

野菜とスープをなじませるために、とろみをつけるのもいいかもしれません。

以上、ヤサイソーラーメンは『孤独のグルメSeason4』第1話の『東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ』で紹介されました、でした。

ヒガシマル醤油 ラーメンスープ 醤油 1.8L
ヒガシマル醤油 ラーメンスープ 醤油 1.8L

第1話「東京都清瀬市松山のもやしと肉のピリ辛イタメ」
第1話「東京都清瀬市松山のもやしと肉のピリ辛イタメ」

コメント