free web hit counter

芸能

芸能

貴乃花の周囲との齟齬を「絶縁の歴史」と揶揄している記事『両親だけでなく妻、息子まで…貴乃花「絶縁」の歴史』が話題

貴乃花の周囲との齟齬を「絶縁の歴史」と揶揄している記事『両親だけでなく妻、息子まで…貴乃花「絶縁」の歴史』が話題です。しかし、絶縁と一口に言っても事情も見方も様々ですし、そもそも別れることがいつも悪いとは限りませんから、記事に突っ込んでみます。
芸能

萩本欽一が全日本仮装大賞の勇退を番組内で発表。「あと2回で100回だからそこまでやればいいのに」という声が上がりますが…

萩本欽一が全日本仮装大賞の勇退を番組内で発表。「あと2回で100回だからそこまでやればいいのに」との声も上がっています。しかし、だからこそ辞めたほうがいいと考えるのが萩本欽一イズム。話題の「余人を持って代えがたい」についても考えてみました。
芸能

貴乃花光司と河野景子の息子である花田優一の父親批判が話題に。ところであなたはこの親子を批評できるちゃんとした親子関係?

元横綱貴乃花(現・貴乃花光司)と、河野景子の息子である花田優一の父親批判が話題になっています。改めて貴乃花の人間性を揶揄したり、“半人前”の花田優一を批判したりとネットでは大賑わい。毒親の可能性はありますが、翻ってあなたはちゃんとした親子関係ですか。
芸能

『みのもんた 病と闘いながら年下恋人とラブラブショッピング』という写真雑誌の記事が相変わらず話題ですが悪いこと?

『みのもんた 病と闘いながら年下恋人とラブラブショッピング』という写真雑誌の記事が話題です。みのもんたは相手の女性への感謝で1億5000万円の高級マンションを“贈与”したことで「後妻業」との中傷もありますが、そんなに悪いことなのでしょうか。
芸能

中村雅俊が69歳にして“一所属タレント”に戻ったのはプロデュースの強化対策か。かつての青春スターは明日を向き再スタート

中村雅俊の事務所移籍が話題になっています。文学座を退団して個人事務所を設立後も、順調な芸能活動を進めてきたように思われましたが、1月1日付でノースプロダクションに所属することになりました。やはり理由は、プロデュースの強化対策のようです。
芸能

龍虎勢朋さんは、幕内昇進11年の最スロー記録、30歳過ぎて幕下から小結に返り咲き、50歳過ぎて婚姻した遅咲きの威風堂々人生

龍虎勢朋さん(1941年1月9日~2014年8月29日)は、幕内昇進は11年かかった最スロー記録、30歳過ぎて幕下から小結に返り咲き、50歳過ぎて婚姻した遅咲きの威風堂々人生でした。前向きに生きていけば、きっといいことがあると信じたくなる生涯だと思います。
芸能

『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』がロケ再開が9ヶ月ぶりになった理由とともになぜ番組に人気があるのかが話題に

『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』が1月2日、石原良純と長嶋一茂を迎えて9ヶ月ぶりに新作の放送を再開しました。他の散歩番組が復活している中で再開にここまで時間がかかったのはどうしてか。なぜ番組に人気があるのかが話題になっています。
芸能

『呼び捨て・タメ口は尊敬してるから』というフワちゃん説に非難轟々、タレントは共演者を呼び捨て・タメ口でいいのか

共演者や芸能人を呼び捨て・タメ口で馴れ馴れしく絡むYoutuber出身のフワちゃんが物議を醸しています。「呼び捨てけしからん」という意見に対して、自分がまだ芸能人ではないから『尊敬』の意味合いもあると反論したために炎上状態です。
芸能

小松政夫さん訃報で思い出す『のぼせもん』『のぼせもんやけん2植木等の付き人時代のこと』に書かれた植木等さんとの関係

小松政夫さん(1942年1月10日~2020年12月7日)の訃報で持ちきりです。長くテレビや映画、舞台などで仕事をしてきたからだと思います。それらの原点は、書籍『のぼせもん』『のぼせもんやけん2 植木等の付き人時代のこと』(竹書房)などに書かれています。
芸能

『黒い花びら』は村松友視が同名のヒット曲で第1回日本レコード大賞に輝いた水原弘の生き様を存分に綴った力作です

『黒い花びら』(村松友視著、河出書房新社)は、水原弘の代表作となる初めてのリリースであり第1回日本レコード大賞を受賞した歌謡史上に残る歌の名前をそのままタイトルにしたものです。ジャズ喫茶デビューから、42歳の生涯がまとめられています。