free web hit counter

『三ちゃん食堂』(川崎市中原区新丸子町)『孤独のグルメSeason2』の第1話でとりあげられたネギ肉イタメを作ってみた

『三ちゃん食堂』(川崎市中原区新丸子町)『孤独のグルメSeason2』の第1話でとりあげられたネギ肉イタメを作ってみた

『三ちゃん食堂』(川崎市中原区新丸子町)といえば、『孤独のグルメSeason2』(2012年10月10日)の第1話でとりあげられて一躍有名になった中華料理店です。番組中でメインになったのは『ネギ肉イタメ』でしたので、実際に作ってみることにしました。

『孤独のグルメ』ではどう紹介されたか

神奈川県にある、東横線新丸子駅で下車した井之頭五郎さん(松重豊)。

今回の『三ちゃん食堂』は、ラーメンなどを扱う中華系大衆食堂ですが、昼前から呑み客もいて、入る勇気がなかった井之頭五郎さん。

商談先の西園寺という女性オーナー(佐藤藍子)の情熱的な話を聞いて、『三ちゃん食堂』にも思い切って入りました。

番組の最後には、リアルで常連というなぎら健壱が、「ラーメンをすする人の方がめずらしくて、昼間から飲みに来る人が多い」と番組で解説しています。

その『三ちゃん食堂』で井之頭五郎さんは何を頼んだか。

みょうがの天ぷら、チーズ入りウインナー、ネギ肉イタメ、ライスと味噌汁、海鮮春巻きです。

みょうがの天ぷら、チーズ入りウインナー、ネギ肉イタメ、ライスと味噌汁、海鮮春巻き

そんなに手の混んだ料理ではなく、家庭でも作れそうなところがミソです。

五郎さんはもりもり食べました。

ネギ肉イタメ

メインになっていたのが、ネギ肉イタメでした。

ネギ肉イタメなら作れそうと思ったので、お店に行くまでもなく、自分で作ることにしました。

ネギ肉イタメを作る

『孤独のグルメ』は料理番組ではありませんから、レシピは明らかにされません。

したがって、作るなら、自分がそれを番組から読み取らなければなりません。

『孤独のグルメ』の中のセリフや映された料理で明らかになっている材料は、

長ネギ1本分
豚の細切れ適量
味付けは塩コショウ

です。

「1本」というと多そうに見えますか。

ネギ

井之頭五郎さんが、食べながら、「これ、ネギ1本分ぐらいはあるんじゃないか」とつぶやいているので、1本にしたのです。

ネギ1本分

しかし、ドラマを観ていた私の感覚では、「1本では少ないな」と思ったので、私は2本使いました。

結論を先に述べてしまうと、ネギ肉イタメには2本でも足りなかったのです。

切った野菜と肉はちゃっちゃと炒めます。

野菜と肉はちゃっちゃと炒めます

それでできたネギ肉イタメがコレです。

ネギ肉イタメ

ね、井之頭五郎さんが食べていた皿の、3分の2ぐらいのヴォリュームでしょう。

炒めると縮みますね、野菜も肉も。

ネギ肉イタメのまとめ

でも、ネギ肉イタメの味自体は悪くなかったとおもいます。

ネギ肉イタメはご飯が進みましたよ。

ネギのシャキシャキ感がいいですね。

ネギ肉イタメの塩コショウのシンプルな味付けがむしろ食欲をそそります。

ただまあ、テレビでは味は見えませんから、論より証拠で、お店でネギ肉イタメをいただくのが何よりだとおもいます。

以上、『三ちゃん食堂』(川崎市中原区新丸子町)『孤独のグルメSeason2』の第1話でとりあげられたネギ肉イタメを作ってみた、でした。

孤独のグルメ Season2 DVD-BOX
孤独のグルメ Season2 DVD-BOX

コメント

タイトルとURLをコピーしました