free web hit counter
科学・医学

幼稚園の先生が「1才児はイヤだ」というので血液型性格判断を使ったという週刊誌報道が『血液型性格判断の虚実』(かもがわ出版)に紹介

幼稚園の先生が、あからさまに「1才児はイヤだ」というので。問題をクリアにするために血液型性格判断を使っているという週刊誌報道が『血液型性格判断の虚実』(かもがわ出版)紹介されています。時代は昭和から平成に変わったばかりです。昔日の話ですが、まさか今も採用してはいないでしょうね。
科学・医学

血液型性格判断は合理的根拠がないにもかかわらず性格調査に用いるのはこっけいだが教育実践の場にも持ち込まれている

血液型性格判断には何ら合理的根拠がないにもかかわらず、それを性格調査に用いるこっけいさを書いたが、血液型による性格判断の問題点ははこうした「お遊び」と「調査」だけではない。それを真に受けてしまう情弱大衆がいるという歴然とした事実である。
科学・医学

血液型性格判断が人に受け入れられているのはたとえば人気漫画サザエさん一家まで「判断」するなどの親しみがあるからかも

血液型性格判断は、芸能人や政治家の血液型から後付けで性格や相性を当てはめている疑似科学であることはすでに述べました。それでも人に受け入れられているのは、たとえば人気漫画サザエさん一家まで「判断」するなどの親しみがあるからかもしれません。