free web hit counter

貴乃花の周囲との齟齬を「絶縁の歴史」と揶揄している記事『両親だけでなく妻、息子まで…貴乃花「絶縁」の歴史』が話題

貴乃花の周囲との齟齬を「絶縁の歴史」と揶揄している記事『両親だけでなく妻、息子まで…貴乃花「絶縁」の歴史』が話題

貴乃花の周囲との齟齬を「絶縁の歴史」と揶揄している記事『両親だけでなく妻、息子まで…貴乃花「絶縁」の歴史』が話題です。しかし、絶縁と一口に言っても事情も見方も様々ですし、そもそも別れることがいつも悪いとは限りませんから、記事に突っ込んでみます。

「気難しい部分がある」と絶縁を揶揄

記事は『リアルライブ』の『両親だけでなく妻、息子まで…貴乃花「絶縁」の歴史』という記事です。

「貴乃花はこれまでにも家族との「絶縁」を繰り返してきた」と書かれています。

  1. 1998年ごろ整体師に洗脳され、実父で師匠の二子山親方(11代目)と交流を断ち、絶縁状態と報じられた。
  2. 兄の花田虎上こと花田勝(3代目若乃花)と相撲への向き合い方を巡って確執が高まった
  3. 母の藤田紀子とは2001年に二子山親方と離婚してギクシャクし、兄との不仲を強い口調でたしなめられたことで絶縁状態になった
  4. 河野景子の姿勢を問題視する声もあったが、実際には貴乃花のモラハラ的な行動があって離婚した

記事はそう述べた上で、「さまざまな事情はあるのだろうが、父、兄、母、妻、子と周囲との関係を次々と終わらせる貴乃花には、やはり気難しい部分があると言えそうだ」とまとめています。


このカストリ記事を、いかが思われますか。

何重にもツッコミどころはありますね。

肉親の絶縁と他人との離婚は意味が違う

まず、「絶縁」といいますが、親兄弟との絶縁と、しょせん赤の他人との離婚は意味が違います。

なぜなら、親兄弟は貴乃花が望んだわけではなく、「ほしのもと」であり、毒親や毒兄の「毒」から解放されるには、絶縁しか方法がないでしょう。

しかも、毒親というのはやはり毒親に育てられていることが多いですから、一族全員が毒で、貴乃花に過失はなくても、親も兄弟もまとめて絶縁ということだってありえます。

一方、離婚は、自分で選んだ相手ですから、自分に責任があります。

ただし、双方の合意ですから、そんなもの、どっちから一方的な責任があるわけではありません。

いずれにしても、それを一緒くたにすること自体、つまり絶縁の何が悪いのか、という肝心な点が曖昧であることは間違いなく、とにかく別れることが「悪い」、そして原因はもっぱら貴乃花にある、という著者の悪意を感じる記事です。

絶縁自体悪いことなのか

そもそも、絶縁というのは悪いことなんでしょうか。

配偶者のDVに悩む人は、1日もはやくそこから逃げ出したほうがいいと思いませんか。

それでも連れ添うほうが正しいんですか。

そこまでいかなくても、離婚しか解決しないことだってあるじゃないですか。

1度きりの人生、添い遂げることが難しい相手なら、後悔がないようにお別れしてやり直したほうがいいに決まっているでしょう。

両親と仲良くしない貴乃花を著者は責めていますが、毒親と縁を切ってはいけないのでしょうか。

我が国には、未だに家制度の因習を事実上残す目的で、子は親に無条件で従う奴隷であることを示す法律(民法第818条)があります。

子は自分を犠牲にしても、親を絶対的な立場に置けというインチキ道徳は、これが根拠になっているんでしょうね。

子には、子自身の人格も人生もあります。

自分の人生の妨げとなる毒親を見限って、何が悪いのでしょうか。

見限る子が親不孝ではなくて、見限られる毒親が、オノレの不明を恥じるべきなのです。

両親の夫婦別れを含めた生き様から感じたことが、貴乃花の人格や価値観に反映されている、というより深い影を落としていることは間違いありません。

もし、貴乃花が、著者の言うような「気難しい」人間だというのなら、それは両親がそうしてしまったと断言してもいいと思います。

子は親の背中を見て育つからです。

兄弟に至っては、絶縁と宣言しなくても、没交渉で交流のない関係なんて世間にゴロゴロしているんじゃないでしょうか。

別に、一方が気難しくなくても、疎遠になることはあります。

花田虎上はああいう感じで、ちゃらんぽらんだから、貴乃花はストイックになってしまったのかもしれません。

毒親同様、毒兄だって、関わらないほうが良いと私は思います。

それとは逆に、息子の花田優一については、貴乃花には親としての責任はあります。

ただ、成人した子どもに三行半を突きつけて勘当することが、一概に悪いとは思いません。

だったら、あれだけ息子をかばい、言いなりになった三田佳子こそが正しいのでしょうか。

三田佳子は、自分の子育てに反省というか後ろめたさもあったので、できる限りは面倒見ようと思ったのでしょう。

亡くなった淡路恵子は、萬屋錦之介との間にできた2人目の子どもを、自分で警察に突き出したり、自殺しても葬式に行かなかったりしました。そういう親もいます。

それらも含めて、親子関係というのは当時者にしかわからない事情や心境がありますから、部外者が一般論で居丈高にシロクロをつける論評するようなことではないと思います。

その人の生き方だから余計な口出し無用

とまあ、貴乃花を擁護するような書き方になりましたが、そのような意図はなく、そもそもこの一家の絶縁の真相自体私は知りません。

私は貴乃花と一面識もありませんが、私だって実際に付き合いがあったとしても、絶縁されてしまう一人かもしれません。

記事で言う「気難しい」という見方自体は間違っていないのかもしれませんが、貴乃花自身がそれによって世間が狭くなることを承知して、腹をくくっているのなら、それはそれで本人の生き方の自由ではないでしょうか。

別に離婚したからと言って、河野景子や、息子の自称靴職人らに同情する必要は全くないと思います。

藤田紀子や花田虎上との絶縁も同じ。

とくに藤田紀子は母親ですから、むしろ彼女のほうが絶縁された不明を恥じるべきです。

ただし、どんな親でも親は親です。

それは誰でも同じなので、もしかしたら、将来貴乃花は母親と和解するかもしれません。

だからこそ、部外者は今勝手な評価などする必要がないのです。

そんなに他人のことを言いたいのだったら、まずは隗より始めよ、です。

たとえば、離婚経験者のあなたは、次は失敗しないようにせいぜい自分に言い聞かせましょう。

以上、貴乃花の周囲との齟齬を「絶縁の歴史」と揶揄している記事『両親だけでなく妻、息子まで…貴乃花「絶縁」の歴史』が話題、でした。

生きざま 私と相撲、激闘四十年のすべて - 貴乃花光司
生きざま 私と相撲、激闘四十年のすべて – 貴乃花光司

花田家の隠し子―アボジと呼ばせて - 花田 河成
花田家の隠し子―アボジと呼ばせて – 花田 河成

【中古】 二子山部屋をうっちゃる!花田家三代の謎 初代若乃花から若・貴兄弟までの知っているようで知らない裏事情 /由比三次(著者) 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 二子山部屋をうっちゃる!花田家三代の謎 初代若乃花から若・貴兄弟までの知っているようで知らない裏事情 /由比三次(著者) 【中古】afb – ブックオフオンライン楽天市場店

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
芸能
トレンド雑談

コメント