free web hit counter

未婚男性は「弱者男性」であり、有配偶者の男性と比べて平均15年も短命で幸福度も圧倒的に低かったという記事が話題です

未婚男性は「弱者男性」であり、有配偶者の男性と比べて平均15年も短命で幸福度も圧倒的に低かったという記事が話題です

未婚男性は「弱者男性」であり、有配偶者の男性と比べて平均15年も短命で幸福度も圧倒的に低かったという記事が話題です。弱者男性とは、日本社会のなかで独身・貧困・障害などの要素を備えた男性たち。一方、女性は2000年以降未婚者が長生きするといいます。

「弱者男性」は短命である

もとの記事は、現代ビジネス。

『日本の被差別階級「弱者男性」の知られざる衝撃実態…男同士でケアすればいいのか』というタイトルです。

「弱者男性」についての記事です。


弱者男性というのは、インターネット上で生まれた用語だそうです。

「日本社会のなかで独身・貧困・障害など弱者になる要素を備えた男性たちである。」と書かれています。

まあたぶん、それらはバラバラに存在すると言うより、連関している場合が多いでしょう。

貧困だから独身とか。障害があるから貧困とか。

記事によると、「未婚男性は、有配偶者の男性と比べて15年早く死ぬ」そうです。


それによると、日本では未婚化が進んでいるが、結婚していない未婚男性は長生きしないといいます。

2018年中に亡くなった未婚男性は7万3435人で、その年齢分布を取ると、最も多いのは60代後半。

中央値(累積%=50)もこの階級に含まれ、按分比例を使って死亡年齢の中央値を出すと66.3歳。

有配偶男性の死亡年齢中央値は81.3歳で、未婚男性より15年も長い。

「平均寿命が80歳を超えていることを考慮すれば、いかにも短い」と記事は論考します。

一方、女性は2000年以降は、未婚者の方が長生きする傾向が定着しているそうです。

やはり、結婚生活というのは、女性がたて支える側ということでしょうか。

出産+家事がありますからね。

話を戻すと、幸福度でも未婚男性と既婚男性では、30%の大きな差が出るといいます。

既婚者は、64%が「自己肯定感が高い」と答えているのに、未婚男性は年収1,000万円以上でもおおよそ30%台で、これは年収300万円台の男性と変わらないそうです。

男性の方が女性よりセルフネグレクト傾向にある、あるいはもともと貧困ゆえに未婚化しやすく、
健康を早く損ねやすいといった背景は複数あれど、ここまで顕著にデータが出ていて「強者男性と弱者男性は平等に遇されている」というなら、少し疑いの目を向けたほうがいい。

たしかに15年は捨て置けない数字ですね。

出会いは偶然の要素もあるので本人のせいとばかりは言えない

Web掲示板のスレッドです。


主なコメントを引用します。

2ニューノーマルの名無しさん2021/05/21(金) 18:13:29.86ID:d+EbX6il0
なんで結婚しないの?
セックスしたくないの?

12ニューノーマルの名無しさん2021/05/21(金) 18:15:38.02ID:pe+kfuF+0
短命なのは外食やコンビニ飯中心の偏った食生活と酒のせいって結論出てるから
ちゃんと栄養考えて自炊して酒控えればなんてことない

23ニューノーマルの名無しさん2021/05/21(金) 18:17:26.66ID:eQitXrHD0
カップ麺とビールだけで生活してる独身のおっさん多そう
そりゃ早死するわな

33ニューノーマルの名無しさん2021/05/21(金) 18:18:34.10ID:8apgunnl0>>51
そりゃそうだろ
ずっと会話もせず酒とつまみやら
ラーメン食って生活してるのと
家族と会話しながら早寝早起きで
栄養満点な食事するのとでは
全然違う

41ニューノーマルの名無しさん2021/05/21(金) 18:19:04.39ID:BgNnoWFE0
離婚して良かったと思ってる
自分の時間が一番大事な人は結婚しない方がいい


といったところです。

「食生活」が論点になっていますが、たしかに偏った食生活になるかもしれません。

もちろん、それだけでなく、精神的なものも大きいと思います。

ただ、だからといって「結婚さえすればいい」ということでもないところが難しいですね。

コメントの最後に、「自分の時間が一番大事な人は結婚しない方がいい」と書かれていますが、出会いは偶然の要素もありますので、すべてを本人の能力や心がけに還元できるかと言うと、むずかしいですね。

まあ、とくに決定的な不満もなく、配偶者との生活を送っているなら、それでよし、というところでしょうか。

以上、未婚男性は「弱者男性」であり、有配偶者の男性と比べて平均15年も短命で幸福度も圧倒的に低かったという記事が話題です、でした。

マンガでわかる男性学―ジェンダーレス時代を生きるために - 水島 新太郎
マンガでわかる男性学―ジェンダーレス時代を生きるために – 水島 新太郎

【中古】【古本】弱者が生きる知恵袋 反山羊月/著 文芸社 反山羊月/著【文芸 エッセイ エッセイ 男性作家】 - ドラマ 本と中古ゲームの販売買取
【中古】【古本】弱者が生きる知恵袋 反山羊月/著 文芸社 反山羊月/著【文芸 エッセイ エッセイ 男性作家】 – ドラマ 本と中古ゲームの販売買取

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
社会
トレンド雑談

コメント