free web hit counter

森昌子は『花の中三トリオ』で一番人気だったという説は当時の芸能雑誌に発表された人気投票で明らかで扇の要だった

森昌子は『花の中三トリオ』で一番人気だったという説は当時の芸能雑誌に発表された人気投票で明らかで扇の要だった
森昌子は『花の中三トリオ』の中でも一番人気だった、というと意外かもしれませんね。やはり見た目アイドルの桜田淳子や、青い性典路線で売り出した山口百恵という予想が大方でしょう。しかし、これは本当の話でそういうアンケート結果があったのです。

私は以前述べたように、お受験でアイドルミーハーになれるチャンスを失い、林寛子でやっとその機会が来たのですが、その時点で『花の中三トリオ』は芸能活動がもう軌道に乗っていました。

その頃、親戚の伯母が、「芸能界で処女は森昌子ぐらいだ」と言っていたので、「えー、なんにもわかってないんだな」と思いました。

月刊『平凡』の74年11月号に発表された「オールスターベストテン順位表」という人気投票では、森昌子が7位(9855票)、そのすぐ後の8位に桜田淳子(9144票)が入り、すでに青い性典路線があたった山口百恵ですが得票で2人に後れを取った10位(5274票)で、3人の中でまだ森昌子がトップだったんです。

1974年といえば、桜田淳子もレコード大賞最優秀新人賞をとっていたときですから、やはり意外と思われる方が多いかもしれませんね。

まだ昭和40年代というと、アイドル歌手にも、下町の大衆性を望んでいた時期だったのかもしれません。

森昌子はもともとデビューしても区立の中学に通い、修学旅行まで行きました。

ファンも、そういう森昌子を応援しました。

そして、当時の森昌子自身の憧れは、人気ドラマ『飛び出せ!青春』(1972年~1973年、東宝、日本テレビ系)のレッツビギンこと河野武先生。

村野武範に憧れたのか、劇中の河野先生に憧れたのかわからないが、とにかく憧れていたという話が出ていました。

中学の先生の中にすてきな先生は?「『飛び出せ!青春』(当時放送されていた日テレ系の人気学園ドラマ)の河野先生(村野武範)のように、男らしい先生がいればいいんだけど」と笑った。学校には「午前中は毎日行ってます。今日は久しぶりに午後の授業が終わる4時10分までいられたの」とうれしそう。
ボーイフレンドは?「いっぱいいる。みんなケンカ友達。気が短いから、すぐカッとしてほっべたなんてぶっちゃう。でも2分も持たずに仲直りしちゃうけど」。勝ち気なところを見せた。
女友達は?「やっぱりいっぱいいる。女の子のほうが何でも相談できるのでいいな」
ファンレターは?「1日平均300通くらい来ます。『友達になってください』とか、『10年たったらボクのお嫁さんになってください』とか、読んでいて噴き出しちゃうのもあります」
今後の抱負について聞くと、「美空ひばりさんや郡はるみさんが好き。今はポップス調のを歌っているけど、本当は演歌が歌いたいの。コブシの利いた演歌を歌おうと思っている。歌は好きだからず~っと続けていきたい」と答えた。(『東京スポーツ』2014年4月25日付)

どうも村野武範にあこがれていたというより、劇中の河野武に憧れていたのでしょうね。

『花の中三トリオ』の扇の要

「松竹・ホリプロ提携作品」と銘打たれた『としごろ』(1973年、松竹)という映画は、和田アキ子、石川さゆり、山口百恵など、売出し中のホリプロタレント総出演でしたが、事実上森昌子が主演でした。(冒頭画像も『としごろ』より)

その森昌子の役柄は、森昌子は、山口百恵の1年先輩ということになっていて、卒業後は高校に進まず、実業団のある大きな会社にも入らず、地元の板金工場で働きます。

同僚(夏夕介)と親しく、主任(村野武範)が相談相手です。

薄幸を売り物にした山口百恵でさえ、本作では、自分が所属する部活のために食事を振る舞う景気のいい役です。

そして、持ち歌を3曲も披露しています。

ですからやはり、森昌子は『花の中三トリオ』の扇の要だったといえるのではないでしょうか。

としごろ [DVD]
としごろ [DVD]

コメント

タイトルとURLをコピーしました