free web hit counter

コロナ禍で感染しない、させないために気をつけたいマスク、手洗い、うがい、除菌。私が使う非エタノール系の注目除菌剤

コロナ禍で感染しない、させないために気をつけたいマスク、手洗い、うがい、除菌。私が使う非エタノール系の注目除菌剤

コロナ禍で、感染しない、させないために気をつけたいのが、マスク、手洗い、うがい、除菌といわれます。そのうち除菌剤は、何をどんなシーンで使っていますか? 昨年春はエタノール系除菌剤が売り切れ続出でしたが、非エタノール系の除菌剤はいかがでしょうか。

私は、日常的にエタノール系のウエットシートで、買い物した商品やスマホなどは拭き取りを行っています。

しかし、アルコールはすぐ蒸発してしまうし、ウエットシートでは服などに使いにくい憾みがありました。

そこで最近使っているのが、ケスキン、イータック、ウイルシャットなどです。

どう棲み分けているのを含めてご紹介しましょう。

ケスキン(エーアンドアイ)

keskin(ケスキン)は、スプレー形式のバリアコーティング材です。

スプレーで当てられたケスキンの成分が、表面に薄いバリアコーティング層をつくります。

このバリアコーティング層に、日光や室内灯など日常生活の光があたると、ケスキンの主成分である酸化チタンからは、有機化合物を分解できる活性酸素が放出されるといいます。

それが、菌やニオイなどを水や二酸化炭素などに分解。

殺菌するだけでなく、菌の死骸まで除去することを標榜しています。

空気中の菌やウイルス、ニオイのもとを、最先端の光触媒技術により分解除去。

大腸菌、肺炎桿菌、黄色ブドウ球菌などが、24時間後にほとんど消えているそうです。

いったん吹き付けて表面にできた薄い膜には、汚れが付着せず、水をかけても膜の上の汚れだけが洗い流され、コーテイングは維持されるそうです。

日常生活では6カ月間コーティング効果が持続。

公式サイトはあくまで、「大腸菌、肺炎桿菌、黄色ブドウ球菌」としか明記しておらず、コロナウイルスとはうたっていません。

ただ、現在のコロナウイルス感染予防は、うがいや手洗い、エタノールや次亜塩素酸ナトリウムによる消毒など、従来の菌やウイルス対策と同じですから、効果は期待できるのではないでしょうか。

今回ご紹介している商品の中でも、3~4倍高いので、高ければいいというものではないにしても、効果の次元が違うのではないかと密かに思っています。

私は、ドアノブを含む周辺のドア表面に使っています。

トイレの床も白いので、そちらにも撒いています。

keskin ケスキン 光触媒スプレー 200ml 除菌 消臭
keskin ケスキン 光触媒スプレー 200ml 除菌 消臭

イータック(エーザイ)

イータックは、持続型抗菌成分EtakRの作用で抗菌バリアが1週間持続し、ウイルス・菌から大切なモノを守ることを標榜しています。

Etak(イータック)については、『二川教授のケンコウラボ』というサイトでこう解説されています。

広島大学大学院医歯薬保険学研究院 二川教授が開発した、 効果が持続する抗菌・抗ウイルス剤です。 一般の手指消毒薬に含まれている消毒薬である4級アンモニウム塩と、固定化する接着剤であるエトキシシランを合成し、 様々なものの表面に固定化できる抗菌剤としてEtakが開発されました。

スプレーの形もケスキンと似ていますが、違いは、ケスキンが酸化チタンで、イータックは4級アンモニウム塩と固定化する接着剤であるエトキシシランの合成、とのことです。

ケスキンは6ヶ月持つとされていますが、イータックは1週間。

価格は、イータックの方が3~4倍ぐらい高いです。

どちらがコスパが高いか、効果があるかは一概に言えませんが、もっとも大きな違いは、スプレーするとケスキンは乳白色で、イータックは透明です。

ですから私は、洋服やかばん、布団などにはイータックをスプレーしています。

ケスキンを木製のふすまやドアにスプレーすると、材質によっては白っぽくなるので、木製のものはイータックのほうが良いかもしれません。

公式サイトは、「イータック抗菌化スプレーα、ウエットシートはノンアルコールタイプ。ドアノブ、テーブル、衣類など様々なシーンでご使用いただけます」と記載しています。

イータック 抗菌化スプレーα 250ml
イータック 抗菌化スプレーα 250ml

ウイルシャット(フマキラー)

ウイルシャット(フマキラー)は、ノンアルコールの除菌スプレーで、プレミアム、手指用、衣類用など、用途ごとに商品化されています。

公式サイトによると、「天然抗菌成分GSE(グレープフルーツ種子エキス)に、除菌・抗菌効果をサポートするアルカリ成分を組み合わせた特許申請中のパワフル処方」とのことです。

フマキラーは、2020年2月28日付け(9月4日改定)で、コロナに対する見解も明らかにしています。

それによると、台所用アルコール除菌剤、住宅用ウイルス対策剤アルコール処方、住宅用ウイルス対策剤ノンアルコール処方、いずれも「グレープフルーツ種子エキス」配合ですが、「検出限界の99.9%以上の不活化効果を発揮しており、感染価を大幅に低減させることが確認されました」としています。

私は、台所を中心に使っています。

ウイルシャット ノンアルコール除菌 プレミアム 250mL
ウイルシャット ノンアルコール除菌 プレミアム 250mL

アルコール除菌 プレミアム ウィルシャット 250mL
アルコール除菌 プレミアム ウィルシャット 250mL

まとめ

コロナウイルスに限らず、うイネスはどうすれば完全にシャットアウトできるか、絶対と言えるものはまだないかもしれません。

ただ、自分で気をつけられることは日常的にきちんと習慣づけておきたいところです。

今回ご紹介した、非エタノール系除菌剤はいかがでしたでしょう。

以上、コロナ禍で感染しない、させないために気をつけたいマスク、手洗い、うがい、除菌。私が使う非エタノール系の注目除菌剤、でした。

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
生活
トレンド雑談

コメント