free web hit counter

三ちゃん食堂(川崎市中原区新丸子町)はドラマ『孤独のグルメSeason2』の第1話に登場した賑やかな昭和の佇まいの店

三ちゃん食堂(川崎市中原区新丸子町)はドラマ『孤独のグルメSeason2』の第1話に登場した賑やかな昭和の佇まいの店

三ちゃん食堂(川崎市中原区新丸子町)といえば、ドラマ『孤独のグルメSeason2』の第1話(2012年10月10日放送)に登場したお店です。昼間から飲客で賑やかで、井之頭五郎(松重豊)が勇気を奮って店に入り、おいしい食事ができたという話でした。

三ちゃん食堂の全容

三ちゃん食堂までの道のり

最寄りの駅は、東急東横線新丸子駅です。。

東急東横線新丸子駅

下車して商店街を少し歩くと徒歩2分。

新丸子商店街

ドラマそのままの三ちゃん食堂です。

三ちゃん食堂

ま、実在の店を舞台にしているのですから当然ですが。

ドラマ『孤独のグルメSeason2』(2012年10月10日)の第1話によると、井之頭五郎(松重豊)は、最初は入ろうと思って結局入れなかったのですが、クライアント(佐藤藍子)に啓蒙されて、根性で店の戸を開けたというストーリーです。

井之頭五郎(松重豊)

ドラマでは、三ちゃん食堂は、中華料理店を看板とした、実質飲み屋さんで、昼前から賑やかというのです。

そして、リアルで常連というなぎら健壱が云うのです。

「外から見ると普通の中華料理屋さんというかラーメン屋さんみたいな感じで…。

外から見ると普通の中華料理屋さん

開けると…誰もラーメンはすすってないぞという…(笑)」

誰もラーメンはすすってない

さすれば、私がラーメンをすすりに行こうということで、五目そば好きの妻と三ちゃん食堂に行ってみたわけです。

店に入った……

三ちゃん食堂の店内はほぼ満席。12時頃ですから当然ですね。

ただ、テレビで言うような、アルコールが入っている人は2組ぐらいで、みなさん、定食、丼、麺類など、「食事」をしていました。

ランチタイムであるにもかかわらず、ドラマで言っていた「店内の喧騒」は聞こえてこなかったですね。

ドラマ本編ではなかった、有名人のサイン。北村総一朗だけは読めます。

北村総一朗

提供メニューは多すぎてご紹介できません。

そして、私は失敗します。

不覚にも、井之頭五郎が劇中で何を食べたかど忘れしてしまいました。

春巻だけは覚えていたので、麺類の他に春巻と餃子を注文しました。

井之頭五郎さんが三ちゃん食堂で食べたメニューは、ねぎ肉炒めと、みょうがの天ぷらと、チーズ入りウインナだったのです。

井之頭五郎さんが三ちゃん食堂で食べたメニュー

三ちゃん食堂のネギ肉イタメだけは、先日作りました。

五目そば

三ちゃん食堂の五目そばです。

三ちゃん食堂の五目そば

五目そばは、醤油味にあんかけタイプのものと、塩味に、バラバラに具材が入るものがありますが、三ちゃん食堂は後者でした。

スープも塩ラーメンの色ですね。

三ちゃん食堂の五目そば

あっさりした塩味が昭和を思い出す味です。

そういえば、「豆」をひとつ。

五目そばというのは、別に具材が五品目入っているというわけではありません。

「八百万(やおよろず)の神」と同じで、「たくさん」という意味であり、「五」自体に本質的な意味はありません。

味噌ラーメン

三ちゃん食堂の味噌ラーメンです。

三ちゃん食堂の味噌ラーメン

ピリッと辛いところがいいですね。

ただまあ、正直申し上げると、五目そばにしても、それほど際立った特徴があるわけではありません。

三ちゃん食堂の味噌ラーメン

たぶん、業務用のスープと麺を使って、教科書通りに作っているだけだろうと思います。

そうでなければ、たくさんのメニューは提供できませんから。

昨今のおしゃれなこだわりの創作ラーメンのようなものは期待しないほうがいいでしょう。

業務用の材料で作った、普通のお味のメニューがたくさんある。

食べたいものがみんな揃っている、ということでよろしいのではないかと思います。

餃子、春巻きなど懐かしい昭和の味

三ちゃん食堂の餃子です。

三ちゃん食堂の餃子

自分で皮を巻いているようで、具はやや多めです。

一つ焦げ気味ですね。焼き方にちょっとムラがあるのはご愛嬌です。

そして三ちゃん食堂の春巻です。

三ちゃん食堂の春巻

スーパーの惣菜コーナーで売ってる冷凍食品を解凍したのは違って、たけのこ、しいたけ、海老など具がたくさん入っていました。

これは井之頭五郎さんも食べてましたね。

食べた時のフカフカ感があり、おいしいと思いました。

というのは、スーパーの惣菜コーナーや冷凍食品は、皮が厚くてペチャっとつぶれているからです。

三ちゃん食堂のまとめ

三ちゃん食堂でいただいたのはこの4品でしたが、合計1950円。

庶民的なお値段も、井之頭五郎さん同様、びっくりです。

やすいということはすばらしいです。

味も佇まいも昭和の中華料理店であり、ホッとした気持ちで美味しくいただけました。

昭和の佇まいの店が、次々新興のラーメン店になったり、小奇麗に改装されたりするので、三ちゃん食堂のような店は貴重です。

今回ど忘れした、ねぎ肉炒めと、みょうがの天ぷらと、チーズ入りウインナは、またこの次の宿題とします。

以上、三ちゃん食堂(川崎市中原区新丸子町)はドラマ『孤独のグルメSeason2』の第1話に登場した賑やかな昭和の佇まいの店、でした。

孤独のグルメ Season2 Vol.1(第1話?第4話) [レンタル落ち]
孤独のグルメ Season2 Vol.1(第1話?第4話) [レンタル落ち]

コメント

タイトルとURLをコピーしました