free web hit counter

特捜最前線(1977年4月6日~1987年3月26日、東映/テレビ朝日)は1970~1980年代に放送の刑事ドラマでもっとも印象に残ります

特捜最前線(1977年4月6日~1987年3月26日、東映/テレビ朝日)は1970~1980年代に放送の刑事ドラマでもっとも印象に残ります

特捜最前線(1977年4月6日~1987年3月26日、東映/テレビ朝日)は1970~1980年代に放送の刑事ドラマでもっとも印象に残ります。『ねとらぼ』が行った「あなたが好きな1970~1980年代の刑事ドラマは?」というアンケート結果で改めて振り返ってみました。

1位は『ねとらぼ』推しのあのドラマ

『ねとらぼ』では、「あなたが好きな1970~1980年代の刑事ドラマは?」というテーマで2021年1月6日~2月5日にかけて人気投票を行い、その結果を発表して話題になっています。(調査期間:2021年1月6日 ~ 2月5日、有効回答数:1962 票)

  1. あぶない刑事シリーズ
  2. 西部警察シリーズ
  3. 太陽にほえろ!

もと記事のOGPです。


第1位は「あぶない刑事シリーズ」でした。得票数は627票と、全体の実に4割を獲得しています。

 舘ひろしさん演じる「タカ」と、柴田恭兵さん演じる「ユージ」のコンビが繰り広げるドタバタアクションが持ち味。仲村トオルさんの出世作となったことでも知られていますよね。ちなみに、ねとらぼ調査隊で行った「『あぶない刑事の登場人物』人気ランキング」では、ユージが1位、タカが2位、という結果になりました。


「『あぶない刑事の登場人物』人気ランキング」については、

  1. 大下勇次(演:柴田恭兵)
  2. 鷹山敏樹(演:舘ひろし)
  3. 近藤卓造(演:中条静夫)

という結果を、やはり『ねとらぼ』が発表しています。

429 Too Many Requests

『ねとらぼ』は、『あぶない刑事』が好きですね。

こちらがまとめサイトです。


5名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 06:15:42.33ID:GMS5jqjq0>>30>>75
どういうアンケートの採り方したらあぶない刑事みたいなもんが票の4割も獲得するんだよ

14名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 06:46:20.22ID:TLYnsQZy0
熱中時代刑事編だろ。
カリフォルニアコネクション
歌えるわ
(´・ω・`)

15名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 06:47:51.98ID:dcMA5YC60
キーハンター
Gメン75

16名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 06:48:27.88ID:FgIoglDA0
トミーと松が好き。DVDは全話出て無いのでアマゾンプライムに来て欲しい。久し振りに観たい

19名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 07:01:06.65ID:K1ps71/q0
俺たちの勲章

20名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 07:01:30.91ID:MKI3kkV/0
ガンマニアならベイシティコップだな
藤竜也がカッコよかったわ

21名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 07:08:27.30ID:6+RVPje60
やっぱ俺たちの勲章かな
あぶない刑事よりは面白いわ

28名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 07:32:50.23ID:6+RVPje60
荒唐無稽でも何でもいいからカーチェイスからの最後は銃撃戦で〆てほしいわ刑事ドラマ
右京さんとかはもういい

29名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 07:39:06.49ID:FJxV6h1S0
なんだGメンじゃないのかよ
特捜最前線もはいってないぞ

41名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 08:29:40.89ID:qGzTEUBT0
1980年代末期開始のはぐれ刑事純情派ってまだ拳銃シーンってあったのかな?
似た時期の刑事貴族ではだ拳銃シーンって1期はあっても3期とかは減っているのかな?

46名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 08:53:40.00ID:AeI/Pvj20
自分も特捜だと思った

50名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 08:59:09.11ID:UkTu0ir00
BSの再放送で全話見たけど大都会のパート2(1977年)はマジで面白かった
大都会のパート1(1976年)は地味だし、パート3(1978年)は出演者がイマイチだった
パート2は松田優作が出ていたし他の出演者も良かった

見るなら大都会のパート2をオススメ

53名無しさん@恐縮です2021/02/16(火) 09:02:24.55ID:Wbgm7Izs0>>56>>64
西部警察が一位と思ったが
これだけあぶ刑事が支持されてるのは
女性の扱い方かなあ

浅野温子みたいなキャラが
西部警察や太陽にほえろにはいない


ドラマ名が次々出てくるので、このへんにしておきます。

順位は人それぞれ心のなかにあるんでしょうね。

では、私は何が……といわれると、多数のドラマが甲乙つけがたいですが、放送期間の長さ(10年)を考えると『特捜最前線』がベスト3に入ってもよかったのではないかと思いました。

特捜最前線とは

昭和の刑事ドラマ『特捜最前線』(1977年4月6日~1987年3月26日、東映/テレビ朝日)は、警視庁刑事部特殊命令捜査課、という架空のセクションではたらく、刑事たちの話を描いたドラマでした。

舞台は、特命捜査課という、警視庁捜査一課直属のセクションですが、所轄からは独立して、独自の捜査の権限をもっていることになっています。

所轄が解決できない、もしくは事情があってさわれない事件を解決する、非常手段的組織です。

オフィスも警視庁ではなく、民間のビルに入っています。

特命捜査課の刑事たちを束ねる課長の二谷英明の階級は「警視正」なので、県警本部の部長クラスにあたります。

特命捜査課は、通常の捜査ではあり得ない超法規的手法を使うため、派手に拳銃を打ったり、荒唐無稽なアクションやスリルを加えたドラマツルギーを作りやすい。

しかし、そうした作り方は、昭和ならではの刑事ドラマです。

平成に入ってからの刑事ドラマは、科学捜査や警察機構の内幕など、ドラマにリアリティが要求されるようになり、特命捜査課のような架空の舞台も、拳銃の派手な撃ち合いシーンも出てこなくなりました。

でも、リアリティは追求しすぎても、ヒューマンインタレストや、エンターテイメントとしてはつまらなくなるのかもしれません。

そこで、昭和刑事ドラマが懐かしがられているのでしょう。

特捜最前線では、派手な事件の一方で、刑事とは何か、などと書生臭い葛藤に悩んだり、仔細な疑問を試行錯誤しながら何日も追い続け新事実に到達する、という粘り強い捜査も行われたりします。

要するに、どんな凶悪犯罪の超法規的捜査だろうが、捕まえる刑事は人間なのだ、というモチーフで作られていたわけです。

大事なことは人間を描いているか

今、テレビでは『警視庁・捜査一課長』の再放送が映っているので、チラチラっと見ながらブログを書いているのですが、21世紀らしい捜査水準の高さを反映したリアリティがあります。

では、1970年代のドラマがそうでないかといと、そんなことはありません。

1970年代と2021年では、科学捜査も人権意識も文化も違いますが、大事なことは人の心を描いているか、ということだと思います。

私はその点で、今見ても色褪せない1970年代のすばらしいドラマはたくさんあり、『特捜最前線』もそのひとつであると思います。

以上、特捜最前線(1977年4月6日~1987年3月26日、東映/テレビ朝日)は1970~1980年代に放送の刑事ドラマでもっとも印象に残ります、でした。

特捜最前線 BEST SELECTION VOL.1【DVD】 - 二谷英明, 大滝秀治, 荒木しげる, 誠直也, 西田敏行, 横光克彦, 本郷功次郎, 藤岡弘, 永野靖忠, 佐藤肇, 天野利彦
特捜最前線 BEST SELECTION VOL.1【DVD】 – 二谷英明, 大滝秀治, 荒木しげる, 誠直也, 西田敏行, 横光克彦, 本郷功次郎, 藤岡弘, 永野靖忠, 佐藤肇, 天野利彦

暴走 - 舘ひろし, 柴田恭兵, 浅野温子, 中条静夫, 仲村トオル, 木の実ナナ, 長谷部安春, 丸山昇一, 井上博一, 浦辺粂子, 奥村公延, 河西健司, 寺島まゆみ, 鹿又裕司, 清水紘治
暴走 – 舘ひろし, 柴田恭兵, 浅野温子, 中条静夫, 仲村トオル, 木の実ナナ, 長谷部安春, 丸山昇一, 井上博一, 浦辺粂子, 奥村公延, 河西健司, 寺島まゆみ, 鹿又裕司, 清水紘治

特捜最前線 BEST SELECTION Vol.12 [ 二谷英明 ] - 楽天ブックス
特捜最前線 BEST SELECTION Vol.12 [ 二谷英明 ] – 楽天ブックス

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
映画・ドラマ
トレンド雑談

コメント