free web hit counter

ワイドショーの好きな司会者(MC)と嫌いな司会者について、J-CASTニュースが読者投票を行い、その結果が話題になっています

ワイドショーの好きな司会者(MC)と嫌いな司会者について、J-CASTニュースが読者投票を行い、その結果が話題になっています

ワイドショーの好きな司会者(MC)と嫌いな司会者について、J-CASTニュースが読者投票を行い、その結果が話題になっています。悪名は無名に勝るで、両方出てくるぐらいがいいと思いましたが、ここからテレビメディアの批判をしているのは川松真一朗都議です。

なぜか「嫌い」上位の斎藤ちはるアナ

もと記事は、J-CASTニュース。

『嫌いなワイドショー司会者は誰? 読者投票の結果、ダントツ1位はフジテレビの…』というタイトルです。

「J-CASTニュースでは、各局のワイドショー司会者16人をピックアップし、約2週間にわたって「好きな司会者」「嫌いな司会者」を投票してもらった。」そうです。

投票作成サービス「トイダス」を用いて、2021年4月13日~4月30日9時時点の状況を集計。

「好きな司会者」「嫌いな司会者」、それぞれ6781票、6357票が集まったといいます。


では、その結果はどうだったかというと、

好きな司会者順位嫌いな司会者
石井亮次1坂上忍
羽鳥慎一2斎藤ちはる
博多華丸・大吉3宮根誠司
加藤浩次/岩田絵里奈4羽鳥慎一
5加藤浩次
谷原章介6岩田絵里奈
田村真子8-17澤口実歩
鈴木奈穂子8永島優美
伊藤利尋9博多華丸・大吉
斎藤ちはる10川島明

ということで、まあ「好きな司会者」に入っている人の多くが「嫌いな司会者」に入っているのは想定内ですね。

「嫌いな」は、プロレスで言えば悪党人気で、悪名は無名に勝るです、

ただ、『ミヤネ屋』はあまり評判が良くないようですね。

宮根誠司は、嫌いな方で3位なのに、好きな方ではベスト10圏外(11位)です。

しかし、好きな方には入らず、嫌いな方のトップに入っている坂上忍り方がすごいかな。

悪党人気も、トップなら立派の一言です。

記事によると、その理由は、坂上さんは番組で取り上げた話題に対して持論を展開することが多く、それをスポーツ紙が取り上げることが多い。」からとしています。

Web掲示板のスレッドはいかがでしょうか。


主なコメントを引用します。

6名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:22:42.67ID:WGdEBjeh0
東京の番組ではなく名古屋の番組とはね・・・

7名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:22:53.22ID:K3CBOCVG0
ちはる嫌われてて草

8名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:23:12.84ID:NkJ6Rf1v0
坂上忍やヒロミが
干されていた時代の方が
テレビは面白かったな。

彼らが戻ってきてから
つまらなくなった。

10名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:23:26.78ID:Owy5OmyA0>>19
好きと嫌いの両方にランクインってのはいいことなのよ。個性があって、かつある程度受け入れられているってことだから。

でも、嫌いにしかランクインしてないってのは…。

21名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:25:49.14ID:Qh9h/MjA0
好きな司会者1位が石井ちゃんなんてwww
フリー転向は自意識過剰でバカだと思っていたがここまで人気あるとは!

22名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:25:54.36ID:EqmnR/IO0
恵は本当にヘタクソ

50名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:33:25.08ID:D1oxaOCv0
坂上と宮根に挟まれるちはるワロタ
そんな嫌われてたのか

59名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:34:45.48ID:CqqLIMa10
斎藤ちはるは他から話を振られなかったら自力で話すこともできない、
可愛いお人形さん扱いだから

78名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:38:46.76ID:ipRar6QF0
オレは2位は納得だわ
なによりも朝の顔じゃない

81名無しさん@恐縮です2021/05/03(月) 11:39:14.33ID:qvaNM0mp0
坂上さん
会うと素はめっちゃ良い人なのに
今までのイメージで嫌われるのかなあ

犬と猫にも一匹一匹に愛情かけててほほえましいぞ


とまあ、いろいろ出ていますが、斎藤ちはるさんがもっとも話題になっていますね。

ご本人の感想を聞いてみたい気がします。

テレビはふわっとした媒体

さて、この調査を動画で取り上げているのは、都議Youtuberの川松真一朗議員。


この結果について、好きな司会者については「なんと、あの方」、嫌いな司会者については「なるほどなあ」と思ったといいます。

1位の石井さんは嫌いな方に入ってない。羽鳥慎一は入ってたりする一方でこの坂上忍さん嫌いな方の1位ですけれども、好きな方に入ってないわけですよ。
ここで考えましょうってことなんです。私は今でも本当にモーニングショーの中でコメンテーターがいいかげなコメントしてることに対して、怒りを皆様にお話をしてきました。
〇〇大学の教授ということだけで、オールラウンドに自分の研究分野も関係なく大幅に答えちゃう人だとか、なぜか専門家とか評論家としての専門分野があるのに、その専門分野を超えて話をして、個人の感想なのか、本当に何か見解を述べているのか分からない人たちが、もっともらしくしゃべることによって、それを見ている人たち影響を受けるわけですよね。
こういう番組を見ると、私はここでチャンネルでね、こうやってみなさんに話すると、テレビなんて見ないんだよって、そんな取り上げるなよっていうコメントが必ず一定数つくんですよ。それでもやるって言うことはどういうことかというと、テレビというのはマスメディアなんですよ。SNS、ソーシャルネットワークじゃないんです。大衆に向けて広く発信するわけですね。
ですから見ている人は、ザッピングと言って、テレビのチャンネルを変えるわけですね。もう1チャンネルからずっと見ていきますけれども、すぐ1周しちゃうんです地上波なんて。
そうすると、ああまた速羽鳥慎一さんか、スッキリかみたいに1周するんです。でも普通にネットで例えば、youtubeを見ていたって1周はしないんですよね。ネットフリックスもまあカテゴリだけで見れば1周するかも知れませんけど、一瞬で回ってこないですね。するとテレビをとりあえずつけてみようっていう人たちは、いろんな幅の人でいると。少なくとも私のこのyoutube のチャンネル応援していただいて、テレビに対しては厳しい眼を持っている方でもテレビを見たりしてるわけですよ。その結果、好きにも嫌いにもいろいろな名前が並ぶと。やっぱり幅広い人が見てますよ、ということなんです。幅広い人が見ているからこそ、ふわっとした民意が起きやすいんですよ。

そこで発言が過激になる。

それは良くない、という話です。

要するに、ふわっと見ている人たちが、専門家の論考でもないものを聞きかじり、そういうものだと認識していまうことはよろしくない、ということのようです。

まあ、それはそのとおりだと思います。

ただまあ、だったら専門の雑誌に投稿する学者が出てくれるかというと、研究に忙しい学者はワイドショーなんか出ません。

もとより、テレビの役割は、時計代わりとか、何かの作業をしながらという、「ながら」のメディアになっていますから、専門家が専門的な話を専門的に配信しているだけでは番組として成立しません。

私は、その意味で、今のテレビ界は、根本から何かを変えない限りは、こんなもんだろうと思います。

それに対して、ネットで「いや、あれは違うだろう」というような声をあげていくしかないのではないかと思います。

以上、ワイドショーの好きな司会者(MC)と嫌いな司会者について、J-CASTニュースが読者投票を行い、その結果が話題になっています、でした。

テレビは生き残れるのか 映像メディアは新しい地平へ向かう (ディスカヴァー携書) - 境治
テレビは生き残れるのか 映像メディアは新しい地平へ向かう (ディスカヴァー携書) – 境治

テレビのゆくえ メディアエンターテインメントの流儀 [ 影山貴彦 ] - 楽天ブックス
テレビのゆくえ メディアエンターテインメントの流儀 [ 影山貴彦 ] – 楽天ブックス

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
社会
トレンド雑談

コメント