free web hit counter

さつまいもドーナツ棒12本(フジバンビ)は、さつまいものホクホク感をイメージしたミニスティックサイズのドーナツです

草野直樹の好きなさつまいもドーナツ棒12本(フジバンビ)は、さつまいものホクホク感をイメージしたミニスティックサイズのドーナツです

さつまいもドーナツ棒12本(フジバンビ)は、さつまいものホクホク感をイメージしたミニスティックサイズのドーナツです。ほどよい甘さでまろやかな味。さっくりとした食感の鹿児島県ドーナツ棒。甘い紫芋ペーストの練り込まれたドーナツ棒です。

ドーナツ棒とはなんだ

ドーナツと言えば、丸くて中に穴が空いている輪っかのような形です。

ところが、さつまいもドーナツ棒はドーナツ「棒」です、

輪っかではなく「棒」なのです。

Wikiには、ドーナツの定義はこう記載されています。

ドーナツは、小麦粉が主成分の生地に水・砂糖・バター・卵などを加えたものであり、一般的には、油脂で揚げた甘い菓子である。内側はしっとりふんわりしたケーキのような食感のものや、モチモチした食感のものなどがあり、形状はリング状が多く、ボール状のものなどもある。 ドーナッツとも言う。

「形状はリング状が多く、ボール状のものなどもある」とあります。

つまり、輪っかが絶対ではありません。

「小麦粉が主成分の生地に水・砂糖・バター・卵などを加えた」ものなら、棒状の生地で油で揚げても立派なドーナツというわけです。

ということで、フジバンビという会社から出ているさつまいもドーナツ棒です。

フジバンビは、熊本市の菓子製造販売・食品販売の会社です。

同社からは、九州各県のドーナツ棒が出てます

九州各県の名産品とドーナツ棒が出会いました。
納得の組み合わせがあったり、新しい発見もあったり、それぞれの美味しさを旅してください。

というコピーは、フジバンビの公式サイトによるドーナツ棒の紹介です。

  • 福岡県は、あまおう苺ドーナツ棒
  • 佐賀県は、嬉野茶ドーナツ棒
  • 長崎県は、びわドーナツ棒
  • 熊本県は、栗ドーナツ棒
  • 大分県は、かぼすドーナツ棒
  • 宮崎県は、マンゴードーナツ棒
  • 鹿児島県は、さつまいもドーナツ棒
  • 沖縄県は、紅芋ドーナツ棒

それぞれ、その風味を感じるドーナツ棒です。

さつま芋ペーストを使った本格的芋菓子

さつまいもドーナツ棒パッケージ

さつまいもドーナツ棒のパッケージは、さつまいもを連想する濃い茶色です。

そこに、白色で文字が記載されています。

上部は『九州銘菓FUJIBAMBI熊本』『MADE IN JAPAN』

中央は縦組みで、中央の『鹿児島県棒BOU』をドーナツというカタカナで挟んでいます。

その下には、『さつまいも』『SWEET POTATO』と記載されています。

さらに下段には、『ほどよい甘さでまろやかな味。さっくりとした食感の鹿児島県ドーナツ棒』『みんな大好きさつまいも。あと引くおいしさのドーナツ棒です。』と記されています。

バックには、紫さつまいもと、本商品さつまいもドーナツ棒が描かれています。

フジバンビの公式サイトには、次のように紹介されています。

さつまいもは薩摩の名がつく通り鹿児島県を代表する特産品で、台風や飢饉の際にも収穫できる作物として重宝され、広く愛されてきました。
さつまいものドーナツ棒は、フジバンビの人気商品黒糖ドーナツ棒のサックリしっとりとした食感を受け継ぎ、さつまいものホクホク感をイメージした風味に仕上げました。

この説明は、パッケージの裏にも同じことが書かれています。

さつまいもドーナツ棒の個包装ひとつあたりのサイズは、23×15×4cmですから、三本の指でモテるサイズです。

中身は、12本が個包装されています。

12本が個包装

個包装はありがたいですね。

パッケージには紫芋が描かれていますが、さつまいもドーナツ棒本体は茶色です。

そして、油のしみた生地の食感は、まさに輪っかになっていないドーナツです。

最初(外側)の口当たりは油を吸っていて、内側に入るとサクサクとしています。

中になにか入っているわけではないので、それだけのシンプルな味ですが、素朴なドーナツの味は飽きが来ません。

素朴なドーナツの味は飽きが来ません

お茶請けにちょうどいいサイズです。

コーヒーでも紅茶でもミルクでもいいと思います。

原材料に、さつま芋ペーストと焼き芋パウダーを使っているだけあって、なるほど、もっちりした食感も余韻もさつまいもそのものです。

栄養成分と原材料


さつまいもドーナツ棒12本(フジバンビ)の栄養成分は、1本16gあたりエネルギー67kcal、たんぱく質0.5g、脂質1.9g、炭水化物12.0g、食塩相当量0.03gです。

さつまいもドーナツ棒12本(フジバンビ)の原材料は、小麦粉(国内製造)、還元水あめ、植物油脂、還元乳糖、鶏卵、さつま芋ペースト、焼き芋パウダー、ショートニング/膨張剤、着色料(クチナシ)、香料などとなっています。

紫芋うんちく

紫芋は、皮が紫ですがれっきとしたさつまいもです。

紫の色はアントシアニン。

網膜や視神経、毛様体の血流を促す働きがあるポリフェノールです。

視力回復や老眼に高い即効性が報告されているそうです。

ブルーベリー類に多く含まれているそうです。

その他、さつまいもには、カリウム、カロチン、ビタミンC、ビタミンE食物繊維などの栄養素が豊富に含まれていて、

まあ、さつまいもドーナツ棒をいただいだたけで、たちどころに目が良くなるわけではありませんが、さつま芋の「紫」は体に良いということです。

以上、さつまいもドーナツ棒12本(フジバンビ)は、さつまいものホクホク感をイメージしたミニスティックサイズのドーナツです、でした。

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
食べ物
トレンド雑談

コメント