free web hit counter

新潮社出版部長・中瀬ゆかり氏「財政支出がかなり膨張」「未来の子供が負担」だから一律給付金に懐疑的という意見をどう見るか

新潮社出版部長・中瀬ゆかり氏「財政支出がかなり膨張」「未来の子供が負担」だから一律給付金に懐疑的という意見をどう見るか

中瀬ゆかり氏がテレビ番組で国民一律に給付金を支給することについて、「財政支出がかなり膨張しています」と事実上麻生大臣を擁護したことで話題になっています。「一律ではなくて本当に困っている人に」という意見ですがいかが思われますか。

未来の子どもたちにとっての本当の「負担」とは何だ

さる19日、麻生太郎財務大臣は会見で、今回は飲食店向けの上限6万円の協力金や、その取引先への一時金などで対応しているから、「前回と同じように一律10万円というのはやるつもりはない」と否定的な考えを示したことに言及しました。

それについて、新潮社出版部部長の中瀬ゆかり氏は、

「基本的にあげますよって言われたら、みんな欲しいと答えるのがほとんどなんですけど、実際に一律で本当に必要ない所、例えば年収1000万円以上あるとか困窮していない所を含めて一律っていうのは今、財政の50%弱が借金でできてるわけですよね。10万円の中の5万円っていうのは将来のインフレで金融資産が目減りしたり、増税ですよね。そういうことって未来の子どもたちというか若い人たちの負担になっていくってことを考えた時に、一律ではなくて本当に困っている人に素早く行き届く方法があれば本当にベストなんですけど、前もそうでしたけどそれを選別して何をどうするという時間もかかるし、選別する時間もないので一律っていうことになっちゃったことを踏まえて考えた時に、非常に難しい選択にはなると思うんです」

と自身の見解を述べました。

しかし、その一方で、

「ただほとんど貯蓄に回ったじゃないかみたいなことをあの時も言われましたけど、でもみんな長期的な不安を抱えている中で、いつ何にどう使うかっていうのはそれぞれのやり方でいいと思うんですね」とし、「ちょっと備えておくっていう考えもあるしローンとかを払うとか、それは個々の家庭の事情によって変わってくるんで、貯金されているから意味がなかったっていうような言い方だったらそれは違うと思う」

と、麻生太郎財務大臣との「違い」についても言い添えました。

つまり、麻生大臣が言うように、「給付しても貯金するからヤラネ」ではなく、貯金したって良いけど「未来の子どもたちというか若い人たちの負担になっていく」から「一律はだめ」と言っているわけです。

これがまとめ記事です。


この意見については、すでにOGPをクリックしてコメントを確認していただければわかりますが、鋭い反論があります。

「未来の子どもたちというか若い人たちの負担」というなら、プライマーバランスを第一義的に考えた緊縮財政こそが「負担」であり、マネーストックが増えることは、負担どころか、デフレ解消の突破口でしょう。

なぜなら、経済が動くことは、GDPも増えて税の増収にもつながるからです。

今、コロナ禍で閉店・倒産・雇い止めなどが続出しています。

わかっちゃいない人たちは、「つぶれるのはその程度の会社・商店だった」などと結論づけますが、そういうものではないでしょう。

従事者が減るということは、それだけ技術革新の機会が失われるということです。

つまり、ラーメン屋は5軒より10軒あったほうが競争原理が働くということです。

スタグフレーションこそが未来への禍根

さらに、供給を確保しないと、スタグフレーションを引き起こしてしまいかねません。

ラーメン屋の数が減ることで、ラーメンの値段が上がってしまうということです。

今の日本は、確実にスタグフレーションに向かっています。

今も若い者はわからないでしょうが、オイルショック時のあの真っ暗な時代は御免です。

では、緊縮財政派が言う、インフレはどうなんでしょう。

昨年、国会では2次補正予算を成立させ、2020年度の歳出(コロナ対策金)は160兆円超になりました。

それで、インフレになりましたか。

そもそも、政府の目標は2%の緩やかなインフレです。

一方、私達の現実は緊縮財政によるデフレ。

インフレどころか、現在はお金をもっと発行しなければならない状態にあるのです。

中瀬ゆかりさんは、なぜこんなかんたんなことがわからないのでしょうか。

ただし、最後にエクスキューズ的に述べた、麻生大臣との違い、すなわち、給付金を貯蓄したっていいじゃないか、というのは全くそのとおりです。

給付金の目的は、マネーストックをふやすことにあります。

貯金が増えれば、もしくは緊縮財政派がいうように本当にインフレになれば、人は嫌でもお金を使うようになります。

お金を使わない、デフレだ……、この均衡を打ち破るのは、マネーストックを増やすことだと思いますが、いかがでしょうか。

以上、新潮社出版部長・中瀬ゆかり氏「財政支出がかなり膨張」「未来の子供が負担」だから一律給付金に懐疑的という意見をどう見るか、でした。

キャッチ画像
Image by Icons8_team from Pixabay

この記事を書いた者
草野直樹(かやのなおき)

自己肯定感も自己意思決定能力も低かったのですが、昨今流行の家系図作りをしているうち、曾祖叔父と“日本のケインズ”高橋是清の接点(仙台藩でワキジ時代のお世話役、そして姻戚関係か)を発見。もう30年早く知りたかったなあという思いはありますが、せめてこれからは一国民、一有権者の立場からMMT支持者としての発言を自分の意志で行っていきます。

草野直樹(かやのなおき)をフォローする
MMT
トレンド雑談

コメント