free web hit counter

衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン(とやま屋ヒロ助)は真っ黒な辛いスープに絡んだ太麺で富山ご当地ラーメン

衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン(とやま屋ヒロ助)は真っ黒な辛いスープに絡んだ太麺で富山ご当地ラーメン

衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン(とやま屋ヒロ助)。富山県のご当地ラーメンです。真っ黒な辛いスープによく絡んだ太麺。ラーメンライスが前提です。富山ブラックはご当地以外でいただける機会が少ないので袋生麺を買いましょうということです。

富山ブラックの解説と感想です

富山ブラックとはなんだのそもそも論

富山ブラックラーメン。

何やら意味ありげな名前です。

富山ブラックは、富山市中心部において、肉体労働者の塩分補給として、醤油を濃くしたスープのラーメンを作ったのが起源といわれています。

そして、たんに醤油が濃いだけでなく、辛い。

そこで、ご飯を食べて口の中のバランスをとります。

したがって、富山ブラックはごはんをつけたラーメンライスを前提としています。

黒いスープが染みた麺による一杯のラーメンをおかずに、ご飯を沢山食べようということです。

では、富山ブラックの真っ黒いスープの正体はいったい何か。

鶏ガラや豚骨ダシに、富山県産エンレイ大豆による味付けで、色以外は通常の醤油ラーメンととくに変わったところはないのです。

ある調査によると、エンレイ大豆は他の大豆に比べて、品質評価の一番の目安となるたんぱく質含有率がもっとも高かったといいます。

正金醤油:今年は、このような大豆と小麦で仕込みをしました。

ネットを色々検索すると、しょっぱさ、辛さという強烈さばかりで、コクや旨味で勝負するラーメンではない、ことに批判的な意見もあります。

しかし、人間の素朴な味覚を刺激して、ラーメンライスをかきこませる、というのも十分価値のある食品と言えます。

ま、いずれにしても、富山のご当地ラーメンと言えるでしょう。

ただ、他県での専門店が少ないので、富山以外の地域では、あまり食べる機会に恵まれません。

だからといって、そのためだけに富山に行くというのも大変だろうと、『衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン』(とやま屋ヒロ助)というご当地商品が発売に。

衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン

今回は、それをいただくことにしました。

富山ブラックラーメンをいただいてみた

というわけで、さっそくですが購入したのは、『衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン』(とやま屋ヒロ助)です。

これが、1人前の袋です。

衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメンの袋

麺とスープ、そして“かやく”が入っています。

これが辛さの秘訣です。

衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメンの辛さの秘密

『衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン』(とやま屋ヒロ助)の麺は、濃いスープに負けないだけのコシのある太麺を使っています。

『衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン』の麺

他のラーメンに比べると、富山ブラックの麺は水気が少なく太いのが特徴なんです。

『衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン』(とやま屋ヒロ助)の公式サイトによると、「ブラックスープは、乾麺やインスタント麺よりも生麺との相性が抜群にいい」とのこと。

富山B級グルメの代表ですから、一度は食したい真っ黒スープです。

富山ブラックラーメンを袋の生麺でいただくには

『衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン』(とやま屋ヒロ助)は、メール便発送の場合は送料無料です。

ただし、配送日時は指定不可。

他の商品との同梱も不可。

代金引換やご贈答用など、とにかくややこしいことは不可。

単純に、自分が食べたいから、クレジットカードで購入。

そういうシンプルな取引です。

現在は3人分で1000円。

ご参考までに、1人前420円、2人前720円、4人前1250円、10人前3240円と揃っています。

お店で富山ブラックいただくなら

ちなみに、東京都内で富山ブラックを提供する店を探してみたんですが、『浅草だらんま』というところが提供していたそうですが閉店してしまいました。

あとは、富山ブラック 麺家いろは 秋葉原店という秋葉原のヨドバシの上にあります。

銘柄豚「アボカドポーク」を使用した王様チャーシュー麺がセールスポイントです。

富山ブラック 麺家いろはの王様チャーシュー麺

これは、ブラックW肉盛りらーめんです。

ブラックW肉盛りらーめん

2種類の肉が入っています。

なるほど、お店の富山ブラックはさすがに違いますね。

しかし、それ以外に見当たりませんでした。

ということは、やはり富山ブラックを食べるなら、『衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン』(とやま屋ヒロ助)を買うしかないでしょう、というのが本日の結論です。

以上、衝撃の真っ黒スープ、富山ブラックラーメン(とやま屋ヒロ助)は真っ黒な辛いスープに絡んだ太麺で富山ご当地ラーメン、でした。

コメント