free web hit counter

映画

映画・ドラマ

寺内タケシさんの訃報が話題です。1962年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成。通称「エレキの神様」といわれてきました

寺内タケシさんの訃報が話題です。1952年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成。通称「エレキの神様」といわれてきました。当初エレキギターは、非行の温床という声とたたかう時期もありました。1500校を超える高校を回りハイスクールコンサートを開催。
映画・ドラマ

高倉健が東映時代に出演した『新幹線大爆破』は初めての町工場経営者で事件の犯人役。同作にはギャラが通常の半額だった

高倉健が東映時代に出演した『新幹線大爆破』は初めての町工場経営者で事件の犯人役。同作にはギャラが通常の半額で出演したそうです。公開から46年経ってもマニアが多い作品ですが、ほかにもたくさんのエピソードがありました。
映画・ドラマ

『ガス人間第1号』(1960年、東宝)は土屋嘉男さん演じるガス人間と八千草薫さん演じる日本舞踊の家元・藤千代の悲恋を描いた

『ガス人間第1号』(1960年、東宝)は、土屋嘉男さん演じるガス人間と八千草薫さん演じる日本舞踊の家元・藤千代の悲恋を描いた特撮アクション映画です。本多猪四郎(本編)円谷英二(特撮)という2人の監督によって作られました。
映画・ドラマ

『若い人』(東宝・サンミュージック提携作品、1977年)は、石坂洋次郎の同名の青春小説を桜田淳子の主演と主題歌で映画化

『若い人』(東宝・サンミュージック提携作品、1977年)は、石坂洋次郎の同名の青春小説を桜田淳子の主演と主題歌で映画化したものです。『気まぐれヴィーナス』のB面として主題歌『若い人のテーマ』ともども、44年前の5月15日にリリースされました。
映画・ドラマ

昭和の日ということで、昭和にちなんだ記事やテレビ番組が並びますが、映画ファンにオススメの邦画10選を思い出す記事が話題

昭和の日ということで、昭和にちなんだ記事やテレビ番組が並びますが、映画ファンにオススメの邦画10選を思い出す記事が話題です。といっても1980年代限定ですが、角川映画、ホイチョイ映画など、制作会社そのものに時代を感じさせてくれるものが枚挙されています。
映画・ドラマ

映画『男はつらいよ』といえば、言わずとしれた国民的映画。出演したマドンナで一番好きなのは?という人気投票実施中

映画『男はつらいよ』といえば、言わずとしれた国民的映画。出演したマドンナで一番好きなのは?という人気投票実施中です。実施しているのはねとらぼ編集部。48作の中から誰か一人を選ぶのは至難の業ですが、これを機会にシリーズを思い出しましょう。
映画・ドラマ

『社長千一夜』(1967年、東宝)は大阪の日本万国博覧会を絡めた大阪から別府、熊本、天草五橋を移動する大掛かりな観光映画

『社長千一夜』(1967年、東宝)は、3年後に開催される日本万国博覧会の準備に追われるストーリーで社長シリーズ第26作(全33作)です。長年のレギュラーだった三木のり平とフランキー堺が降板。秘書役に黒沢年男(現年雄)が抜擢されました。
映画・ドラマ

赤ひげ(1965年、東宝)は黒澤明監督映画では最後のモノクロ作品であり、三船敏郎にとっては黒澤映画最後の出演作です

赤ひげ(1965年、東宝)は黒澤明監督映画では最後のモノクロ作品であり、三船敏郎にとっては黒澤映画最後の出演作です。小石川養生所を舞台にした山本周五郎原作の人情時代劇。新出去定が三船敏郎、保本登を加山雄三、森半太夫を土屋嘉男が演じています。
映画・ドラマ

妻は告白する(1961年、大映)は円山雅也の小説を井手雅人が法廷映画に脚色した増村保造と若尾文子のコンビによる最高傑作

妻は告白する(1961年、大映)は円山雅也の小説を井手雅人が法廷映画に脚色した増村保造と若尾文子のコンビによる最高傑作の呼び声高い作品です。法廷映画と思わせながら、法や理性でははかれない人間の本能や情念などを若尾文子演じる滝川彩子が魅せます。
映画・ドラマ

醜聞スキャンダル(1950年、松竹)は声楽家との嘘の熱愛記事を書かれた画家が裁判に訴え勝訴する過剰ジャーナリズムを描いた作品

醜聞スキャンダル(1950年、松竹)は声楽家との嘘の熱愛記事を書かれた画家が裁判に訴え勝訴する過剰ジャーナリズム問題を描いた作品です。東宝争議のために他社で映画を撮ることになった黒澤明監督が初めて撮った松竹映画です。